【今週のセ・リーグ展望】ノーノー達成の小川の次回登板は阪神戦。菅野は開幕8連勝に挑む

【今週のセ・リーグ展望】ノーノー達成の小川の次回登板は阪神戦。菅野は開幕8連勝に挑む

15日のDeNA戦でノーヒッターを達成したライアン小川。次回登板でも好投できるか注目だ。写真:山手琢也

●巨人−阪神(東京ドーム)
18日(火)菅野智之−高橋遥人
19日(水)メルセデス−ガルシア
20日(木)鍬原拓也?−青柳晃洋

 開幕から7勝負けなしの菅野。ここ4先発はいずれも7イニング以上&自責点2以下のハイクオリティ・スタート(HQS)を記録するなどまさに絶好調。今季初めて中5日で臨む18日の登板も、安定感抜群の投球で停滞気味のチームを勢いづけたい。一方の高橋も、シーズン初登板だった8月6日の巨人戦で7回3安打無失点11奪三振の快投。息詰まる投手戦となりそうだ。

 巨人は木曜日の先発が不透明。二軍調整中の鍬原あるいはドラフト2位ルーキーの太田龍を昇格させるか、それともブルペンデーか。戸郷翔征を中5日で投入する可能性も考えられる。打線は相変わらず湿りがちで、坂本勇人と岡本和真はいずれも8月の打率が1割台。坂本は1番に入った12日のヤクルト戦で2本塁打を含む3安打と活躍したが、その後4試合は14打数2安打と波に乗れていない。阪神も絶好調というわけではないが、首位巨人を叩く絶好のチャンスだろう。
 ●広島−DeNA(マツダ)
18日(火)九里亜蓮−井納翔一
19日(水)野村祐輔−浜口遥大
20日(木)K・ジョンソン−ピープルズ

 好調だったDeNAだが、ここ5試合はホームで1勝4敗。15日には小川泰弘(ヤクルト)にノーヒッターを食らってしまった。対する広島も再び最下位に転落するなど状態は良くない。

 19日先発予定の浜口は、7月8日の広島戦で10四球を与えながら5.1回2失点に抑える“怪投”。対する野村はコントロールに絶対の自信を持つ技巧派で、まったく対照的な2人による投げ合いとなる。DeNAにとって不吉なのは、山崎康晃、三嶋一輝、パットンと3人の救援右腕が今季の広島戦でいずれも防御率10点台(!)と打ち込まれていること。普段は早めの継投を好むラミレス監督がどのような継投策を見せるかも注目ポイントだ。

 一方、広島打線は坂倉将吾、長野久義が好調を維持する中、開幕から大活躍していた堂林翔太が8月に入って46打数7安打、打率.152と当たりがパタリと止まってしまった。相手チームのマークが厳しくなる中でどれだけ結果を残せるか、真価が問われている。
 ●ヤクルト−中日(神宮)
18日(火)高橋奎二−小笠原慎之介
19日(水)原樹理−福谷浩司
20日(木)高梨裕稔−柳裕也

 3カード連続で勝ち越して最下位を脱出した中日。最近は投手陣が安定し、8月のチーム防御率はセ・リーグで唯一2点台をキープしている。4位ヤクルトにも2ゲーム差と迫っていて、一気に追い抜きたい。一方のヤクルトも5連敗の後に2連勝。小川泰弘のノーヒットノーランの勢いに乗っていきたい。

 18日は高校時代に甲子園優勝経験を持つ左腕同士の対決。高橋は14年春に龍谷大平安、小笠原は15年夏に東海大相模でそれぞれ頂点に立った。中日は堂上直倫にも注目。今季は12打席でまだノーヒットだが、昨年は神宮球場での10試合で6本塁打。また、高梨には8打数4安打4本塁打と滅法強く、20日は先発起用の可能性も十分ある。

 ヤクルトでは、先日一軍デビューを果たした高卒2年目の濱田大貴に期待したい。これまで放った4安打は菅野智之(巨人)から2本、今永昇太、山崎康晃(ともにDeNA)から各1本といずれも一流投手から。パンチ力には定評があり、プロ初ホームランに期待がかかる。
 ●ヤクルト−阪神(神宮)
21日(金)吉田大喜−藤浪晋太郎
22日(土)クック?−西勇輝
23日(日)小川泰弘−秋山拓巳

 21日の先発が濃厚な吉田大喜は、7月17日のプロ初登板こそ炎上したものの、そこから4試合連続で2失点としっかりゲームを作っている。もちろん、前回登板でノーヒットノーランを達成した小川の投球にも注目だが、この試合で135球を費やしたことを考えると、1日多く休養日を与える可能性もある。その場合、土曜日の先発は現在ファームで調整中の助っ人クックあるいはイノーアか。ちなみに、昨年ノーノーを達成した千賀滉大(ソフトバンク)は、次の登板に中5日で臨み8回1失点、大野雄大(中日)は中8日で投げて7.2回3失点という内容だった。
 ●広島−巨人(マツダ)
21日(金)森下暢仁−戸郷翔征
22日(土)大瀬良大地−田口麗斗
23日(日)遠藤淳志−畠世周

 ここまで巨人が6勝2敗と優勢。前回のマツダスタジアムでの対戦(7月14〜16日)でも、巨人が3連勝している。21日は新人王有力候補同士の投げ合いになるか。現時点では森下が7試合で4勝、防御率2.31、戸郷が同じく7試合で5勝、防御率2.45とほぼ互角。今後の新人王レースを占う意味でも、重要な一戦になりそうだ。また、23日先発濃厚の遠藤は前回の巨人戦(8月2日)でプロ初完投勝利を挙げており、こちらも注目したい。一方、巨人は岡本和真が今季のカープ戦9試合で5本塁打。最近は当たりが止まっているが、お得意様との対戦で調子を取り戻せるか。
 ●中日−DeNA(ナゴヤドーム)
21日(金)松葉貴大−大貫晋一
22日(土)ロドリゲス−上茶谷大河
23日(日)大野雄大−平良拳太郎

 大貫は中日戦に強く、通算5登板で4勝1敗、防御率1.97。ここ5先発も5勝負けなし(うち2勝が中日戦)と絶好調で、この勢いを持続したい。打線では佐野恵太、神里和毅、宮崎敏郎が好調。いずれも中日戦でも強さを発揮しており、引き続き活躍が期待される。一方の中日は4カードぶりのホーム。敵地では大きく負け越しているが、ナゴヤドームでは5割近い勝率を維持しており、苦手DeNAが相手とはいえしっかり白星を積み上げたい。打線ではチーム2位の5本塁打を放ち、DeNA戦で打率.417と強い阿部寿樹がカギになりそう。もちろん、3試合連続完投勝利中の大野雄にかかる期待も大きい。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTO】キュートな笑顔満載!東京ヤクルトスワローズ・ダンスチーム「Passion」を特集!

関連記事(外部サイト)