「今日は恩返しができた」菅野智之が圧巻の投球で3度目の完封&開幕8連勝!息詰まる投手戦は巨人に軍配

「今日は恩返しができた」菅野智之が圧巻の投球で3度目の完封&開幕8連勝!息詰まる投手戦は巨人に軍配

菅野が怪投を見せ、開幕から負けなしの8連勝。チームも勝利し、首位をキープしている。写真:滝川敏之

巨人1−0阪神/8月18日/東京ドーム
 
 巨人のエース・菅野智之が圧巻の投球を見せ、3安打完封で開幕からの自身の連勝を8に伸ばした。
 
 立ち上がりは球数を要した菅野。1、2回はいずれも走者を背負い、2イニングで計40球を投じた。
 
 3回以降は「いろんな球を使っていこう」と心がけたという菅野と大城卓三のバッテリー。真っすぐ、スライダー、カーブ、全ての球種が一級品で、阪神打線に的を絞らせなかった。
 
 エースの好投には4番が応える。4回裏、岡本和真が阪神先発・高橋遥人の甘く入った変化球をとらえて左翼席に運び、巨人が先制した。
 
 この日の菅野には、1点で十分。6回の二死二塁以外は、得点圏の走者すら許さなかった。結局9回を125球で投げ切り、今季3度目の完封勝利を挙げた。
 
 試合後、「いつも点を取ってくれているので、今日は恩返しができた」と菅野。投手戦での完封に「格別なものがある」と充実感をにじませた。また、今季初の中5日の登板にも、「中5日くらいでヒイヒイ言ってたら、先発は務まらない」と頼もしい口調だった。
  開幕からの8連勝は、90年の斎藤雅樹氏以来。菅野自身は「まだまだ足元にも及ばない」と謙遜したが、現役時代を共にした原辰徳監督は「斎藤という投手も素晴らしかったが、菅野智之という投手もジャイアンツのなかで名を残すだろう」と賛辞を惜しまなかった。
 
 ヒーローインタビューの最後に「日本一を目指してチーム一丸となって頑張っている」とファンに呼びかけた菅野。90年には20勝投手の斎藤氏も果たせなかった日本一に向け、令和の大エースがチームを引っ張る。

構成●THE DIGEST編集部

【巨人PHOTO】巨人が宮崎でキャンプイン。サンマリンスタジアムの観衆は2万3000人!

関連記事(外部サイト)