ダルビッシュ、6回1失点で4勝目の権利! 4回無死満塁を「対ピンチ」発動で切り抜けて4連続QS達成

ダルビッシュ、6回1失点で4勝目の権利! 4回無死満塁を「対ピンチ」発動で切り抜けて4連続QS達成

ピンチを招いても同時に最少失点にとどめたダルビッシュ。今季4勝目は確実か?(C)Getty Images

シカゴ・カブスのダルビッシュ有が現地時間18日、本拠地で行われたセントルイス・カーディナルス戦に先発。今季ワーストとなる8安打を浴びながらも、6回1失点8奪三振の好投で今季4勝目の権利を手にしている。

 前回登板となったブルワーズ戦は7回1死までノーヒッターの快投を見せたダルビッシュ。しかし、カブスの宿命のライバルとなったカーディナルス戦では、初回2死から主砲ポール・ゴールドシュミットにセンター前安打を許すなど、この日は早くも快挙達成はなくなった。2回も1死から連打を許してピンチを招くも、併殺に打ち取って無失点としたが、この日は主審の判定に首をかしげる場面があるなど、あらゆる意味で本調子ではなかったかもしれない。
  味方が先制してくれた直後の4回、ダルビッシュは連打と四球で無死満塁の大ピンチに陥る。いつ崩れてもおかしくない状況ではあったが、自身の大好きなゲーム『プロ野球スピリッツA』における「対ピンチ」が発動(?)して投手ゴロ、三振、右飛で見事無失点に切り抜けた。続く5回はゴールドシュミットにタイムリーを許したものの、6回には2つの三振を奪ってお役御免。

 今季ワーストとなる8安打を浴びながらも最少失点にとどめ、6回1失点1四球7奪三振、今季2登板目からの連続QS(6回以上を投げて自責点3以下)を4試合に伸ばした。試合は7回を終えてカブスが6対1でリードしている。

構成●SLUGGER編集部
 

関連記事(外部サイト)