SLUGGER編集部がガチで選んだ!2020年オールスターメンバー:パ・リーグ編

SLUGGER編集部がガチで選んだ!2020年オールスターメンバー:パ・リーグ編

吉田(左)と柳田(中央)を中心に、外野は各チームのスターが勢ぞろい。一方内野では浅村(右)をはじめとして楽天の選手が多い。写真:徳原隆元、金子拓弥(THE DIGEST写真部)

本来、7月19~20日に予定されていたオールスターゲームは、新型コロナウイルスの影響で今季は中止となってしまった。夏の一大イベントが行われないのはいかにも寂しい。そこでSLUGGER編集部では、「もし今年もオールスターが行われていたら…」という仮定の下、独自に「真夏の球宴」にふさわしい選手を28人選んでみた(プラスワン投票は含まず。また、外国人枠は考慮しない)。今回はパ・リーグ編だ。

 選考方法はまず、各ポジションで最高の10人を選び、それに加えて守備位置などのバランスを考慮しながら、その他のメンバーを選出。通常のオールスターとは少々違うが、そこは留意してほしい。編集部が選んだ28人は以下の通りだ。

捕手 森友哉(西武)
一塁手 中田翔(日本ハム)
二塁手 浅村栄斗(楽天)
三塁手 鈴木大地(楽天)
遊撃手 茂木栄五郎(楽天)
外野手 柳田悠岐(ソフトバンク)
外野手 吉田正尚(オリックス)
外野手 マーティン(ロッテ)
DH ロメロ(楽天)
先発 涌井秀章(楽天)

【野手】
捕手 甲斐拓也(ソフトバンク)
内野手 山川穂高(西武)
内野手 中村奨吾(ロッテ)
内野手 外崎修汰(西武)
内野手 安達了一(オリックス)
外野手 近藤健介(日本ハム)
外野手 栗原陵矢(ソフトバンク)
外野手 西川遥輝(日本ハム)

【投手】
先発 石川柊太(ソフトバンク)
先発 山本由伸(オリックス)
先発 バーヘイゲン(日本ハム)
先発 田嶋大樹(オリックス)
先発 東浜巨(ソフトバンク)
救援 モイネロ(ソフトバンク)
救援 平良海馬(西武)
救援 益田直也(ロッテ)
救援 森唯斗(ソフトバンク)
救援 ブセニッツ(楽天)
  2018~19年に2年連続ファン投票1位でオールスターに出場し、昨年は首位打者に輝いた森友哉はここまでやや精彩を欠いているが、他にこれといって目立った捕手がいないのも事実。控えはソフトバンクの首位に貢献している甲斐と、打撃で成長を見せている若月健矢(オリックス)のどちらにするか迷ったが、これまでの実績も考慮して甲斐を選んだ。

 一塁は両リーグ最速で20号に到達した中田で決まりだ。控えには一時は不振に陥ったものの、リーグ3位タイの18本塁打を放っている山川と、これまで12本塁打と活躍中の井上晴哉(ロッテ)で迷ったが、ここは山川を選んだ。

 二塁は開幕直後から打ちまくっている浅村がメインメンバーで決まりだが、控えの中村も今季は打撃好調。外崎は昨季ほどのパンチ力はないが、リーグ2位タイの12盗塁、8月19日にはランニングホームランと足で魅せ、守備での貢献も高い。

 三塁ではオールスターの常連である松田宣浩(ソフトバンク)や、昨季打点王の中村剛也(西武)が今季は不振で選外となった一方で、FAで新加入の鈴木の活躍が目立つ。チームメイトの茂木も、重労働の遊撃を守って打率&OPSでリーグ上位に入るなど打撃好調だ。遊撃の控えは今宮健太(ソフトバンク)と迷ったが、例年は“守備の人”のイメージが強いが今季は打撃でも存在感を発揮している安達を選んだ。
  外野陣は規格外の飛距離で打球を飛ばしながらも、3割5分以上の高い打率を残し続けているリーグ最強打者・柳田と、彼と首位打者争いを展開する吉田は文句なし。また今季は、強肩強打の攻守にわたる活躍に加え、“広瀬アリス似”と話題沸騰のマーティンをベストメンバーとして選んだ。また、DHはオリックスから楽天に移って好調をキープしているロメロで決まりだろう。

 控えにも人材が揃っており、近藤が柳田・吉田の2人と超ハイレベルな最高出塁率のタイトル争いを展開している。また栗原は開幕直後からリードオフマンとしてブレイクし、最近はクリーンアップに昇格。最後の1枠は、36歳ながら不振の山賊打線で気を吐く栗山巧(西武)と迷ったが、4割強の出塁率に加えてリーグ2位の13盗塁と持ち味の俊足も発揮している西川を選んだ。

 先発投手は千賀滉大(ソフトバンク)や則本昂大(楽天)らリーグを代表する投手たちが精彩を欠くなど、やや波乱気味の状況。1番手は開幕8連勝やノーヒットノーラン未遂など新天地で大活躍を見せている涌井で異論はないだろう。石川はここまで開幕6連勝、山本は最優秀防御率を手にした昨季に比べると不安定ながら、日本人史上最長の25イニング連続奪三振とドクターKぶりを発揮している。
  エースの有原航平(日本ハム)が苦しむ中で好投し、チームを支えているバーヘイゲン、援護には恵まれないが防御率やQS(クオリティ・スタート)率で涌井に次ぐリーグ2位につけている田嶋、右ヒジの故障から復帰して開幕投手を務め、ずっとローテーションを守って好投している東浜の貢献も大きい。これらの顔ぶれは、まさに今季ならではだろう。

 救援陣ではまず、先発に混じってリーグ奪三振数ランキングに入っているモイネロは外せない。開幕直後の10試合でいずれも無安打と好投した平良の存在も光る。クローザーには、セーブ王のタイトル争いを演じている益田と森唯がまず決定。最後の1人は中継ぎに抑えにとフル回転しているブセニッツか、西武の守護神・増田達至のどちらかとなったが、いまだ防御率0点台のブセニッツに軍配を上げた。

 各ポジションで常連が横綱相撲を演じている感が強いが、栗原や石川などの新星も現れつつあり、もし開催されていれば新旧スターが競演する見応えある球宴となりそうだっただけに、改めて中止は残念だ。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTO】ファンの心を鷲掴み!イケメンプロ野球選手を厳選!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?