【氏原英明の本音で勝負!】内川聖一を二軍に置いておくのは正しいことなのか。トレードによる球界活性化への期待

【氏原英明の本音で勝負!】内川聖一を二軍に置いておくのは正しいことなのか。トレードによる球界活性化への期待

球史に残る安打製造機にしてクラッチヒッターの内川だが、今季はまだ一軍での出場がない。写真:徳原隆元

シーズンのクライマックスへ向けた最終的な動きか。

 パ・リーグの逆転優勝を狙う千葉ロッテと楽天が同時に電撃補強を発表した。ロッテは元マリナーズで、かつて中日に在籍して活躍したサウスポーのチェン・ウェイン投手と契約。楽天は広島から金銭トレードでDJ・ジョンソンを獲得した。チェンは先発要員として、ジョンソンはブルペンの一員として期待される。これまでも積極的にトレードでの補強を敢行してきた両チームだが、トレード期限を前にした今回の補強は改めて優勝への強い思いを感じさせる。

 当然と言えば当然とも言うべき補強だ。ロッテにはサウスポーが少ないし、楽天は森原康平の離脱でブルペンが薄い。ソフトバンクを追い抜くためには必要な補強と言えるだろう。

 チームの方向性はシーズン中に様変わりすることはある。下位に低迷する球団は目先の1勝を目指すより、2、3年後に勝つためにどういうチームを作っていくかを考えるべきだ。首位・巨人にマジックが点灯している状況で、送りバントを多用する小さい野球をしているチームにはただただ呆れるばかりだ。
  メジャーリーグを見ていると、そこの判断は日本以上にはっきりしている。プレーオフを目指すチームなのか、そうでないのかをトレード期限前に判断し、それによって起用されるメンバーも劇的に変わることがよくある。今季でいえば、ナ・リーグ西地区2位のパドレスがトレード期限直前の3日間で何と6件ものトレードを成立させた一方で、最下位に沈むダイヤモンドバックスは投打の主力を続々と放出した。

 メジャーが特殊なのはトレードの形だ。下位に低迷するチームが優勝を狙うチームに主力選手を放出し、見返りに将来性の高い若手選手を複数獲得する。低迷するチームはそうした形で何人もの若手有望株を集めて2〜3年後の浮上を目指すというわけだ。日本だと、巨人とロッテの間で成立した澤村拓一と香月一也、同じく巨人と楽天で行われた高田萌生と高梨雄平のトレードがそれに近い例だろう。もっとも、この場合は若手を獲得したチームも優勝を目指しているという違いはあるが。
  あまりにも目まぐるしく選手が移動するメジャーリーグのトレードは、悪い言い方をすれば人身売買のように見えなくもない。おそらくその点が日本の野球界には受け入れられない部分なのだろう。トレードした選手が移籍先で活躍するとファンからのクレームが怖いということもある。21日の巨人対広島戦で解説者を務めた小久保裕紀氏がトレードについて「両チームにいい部分をもたらすことがあると思って成立するもの」と語っていたが、そういう考えが浸透しているとは言い難い。

 ロッテに移籍した澤村が活躍して「巨人はもったいないことをした」と今思えても、来年以降、香月が一軍に定着して勝利に貢献するかもしれない。こうしたトレードの「最終収支」が分かるのは3年後、5年後まで待たなければならないのだ。

 日本の野球界がトレードへの考えを改めるためには、もう一つ視点を変える必要がある。それは選手の立場になるということだ。

 現在は活躍の場がないけれど、有事に備えて実力のある選手を抱えておきたいというのは理解できる。ソフトバンクの内川聖一がいい例だ。彼は今季、一軍未出場だが、ファームでは65打数22安打で打率.338、出塁率.420の好成績を残している。過去の実績、大舞台での豊富な経験も含め、「何かの時」に取っておきたい戦力であることは間違いない。
  しかし、選手のキャリアには限りがある。特に内川の場合は今年38歳。残された時間は、もうそう多くはないのである。

 内川だけではない。リーグ2連覇中、今季は5位に低迷する西武には栗山巧、中村剛也、セ・リーグ最下位のヤクルトには青木宣親という実力者がいる。

 もちろん、内川も栗山も中村も青木もチームの顔とも呼べる存在であり、今のユニフォームを着たまま現役を終えてほしいと願っているファンが数多くいることは理解している。

 だが、まだ一軍で戦える実力を持つベテランが出番を奪われて二軍でくすぶることが果たして正しいのか。内川や青木らが二度と優勝争いをすることなくキャリアを終えてしまっていいのか。彼らの力量を知っている者からすれば、「YES」とは到底言えない。一方、チームとして明らかに未来に目を向けるべき時に、いたずらにベテランを起用し続けるのもまたおかしい。トレードはこうした事態を解決する手段でもある。
 「選手の側からすると、最初に獲ってもらった球団で現役を終えるのが理想だと思います。でも、必要とされて移籍するのもいいものだと思います。野球選手として大きくなれるチャンスでもありますから。その時の立場で移籍した心境は変わるものではあると思いますけど、移籍してみていいものだと思いました。僕は、野球選手である限り試合に出たい。レギュラーを取ろうと思ってやっていますよ」
  そう語っていたのは3球団を渡り歩き、今季限りでの現役引退を発表した楽天の渡辺直人選手である。

 澤村の活躍を見て多くのことを感じた人がいたはずだ。

 トレードで生かされる人材が日本にはまだまだいる。一人ひとりが日本の野球界に必要とされる選手たちだ。そのことを忘れないでほしい。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。

【PHOTO】ファンの心を鷲掴み!イケメンプロ野球選手を厳選!

関連記事(外部サイト)