「素晴らしい投手と投げ合えると野球が楽しい」山本由伸が千賀滉大に投げ勝つ。球界屈指の右腕対決は2勝2敗に

「素晴らしい投手と投げ合えると野球が楽しい」山本由伸が千賀滉大に投げ勝つ。球界屈指の右腕対決は2勝2敗に

千賀とのエース対決は、オリックス山本に軍配が上がった。写真:滝川敏之

オリックス1−0ソフトバンク/9月22日/PayPayドーム

 ソフトバンク・千賀滉大、オリックス・山本由伸の球界のエース対決が今週も実現。今シーズン4度目となった両者の投げ合いは、山本に軍配が上がった。

 千賀は初回、オリックス打線を三者凡退に打ち取る順調な立ち上がり。対する山本は先頭の周東佑京にヒットを許し、一死一、二塁のピンチを作る。それでも、4番柳田悠岐、5番デスパイネを抑え、無失点で切り抜けた。

 試合が動いたのは2回表。オリックス先頭の4番吉田正尚が千賀の内角ストレートを振り抜き、右翼テラス席への第12号ソロを放つ。実に13試合ぶりの一発でオリックスが先制した。

 そして3回裏、ソフトバンクが同点のチャンスを作る。9番甲斐の四球を皮切りに一死一、三塁とし、打席には3番中村晃。6球目を打った当たりは二塁ベース付近へのゴロに。セカンド太田椋が自ら二塁を踏み一塁へ転送。ダブルプレーとなり、山本がこの回もピンチをしのいだ。

 中盤以降は、千賀、山本ともに付け入る隙を与えない投球。8回にはソフトバンクがオリックスの二番手ヒギンスを攻めるも、得点できず。結局、オリックスが継投で主砲の一発を守り切った。これで、千賀と山本の対決は2勝2敗になった。
  試合後、山本は「相手投手が千賀さんで、点が入らないのはわかっていたので、とにかく厳しく投げた」と投球を振り返った。球界屈指の好投手との投げ合いを終え、「素晴らしい投手と投げ合えると野球が楽しい。これからも競い合っていければ」と目を輝かせていた。

 千賀より早く、7回で降板したことに触れられると、「勝って嬉しいですけど、悔しいところもたくさんあるので、またレベルアップしていきたい」と向上心も忘れなかった山本。最後は、「最後まで全力投球で一勝一勝積み重ねていく」と抱負を語った。
 
 CS進出が厳しい状況であるオリックス。それでも、若きエースの圧巻の投球は、順位に関係なくシーズン終了までファンを魅了し続けることだろう。

構成●THE DIGEST編集部

【オリックスPHOTO】1軍と2軍が一度に味わえる!オリックス宮崎キャンプに大注目!
 

関連記事(外部サイト)