「ニューヨークにはマサが必要」契約最終年の田中将大が“入団時の回顧ショット”を公開!ファンからは慰留の声

「ニューヨークにはマサが必要」契約最終年の田中将大が“入団時の回顧ショット”を公開!ファンからは慰留の声

今季レギュラーシーズン最後の登板に臨んだ田中。4回5失点、2四球5奪三振で無念の降板となった。(C)Getty Images

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大が23日(日本時間24日)、敵地で行なわれたトロント・ブルージェイズ戦に先発登板し、4回5失点で今季3敗目を喫した。試合後には自身のインスタグラム(@masahiro_tanaka.official)で入団時の写真を公開し、ファンからは「ニューヨークにはマサが必要」「出ていかないで!」などと声が挙がっている。

【PHOTO】6年間で通算75勝!抜群の勝負強さを発揮する”田中将大”特集!

 2014年に同球団と7年契約を結んだ田中は今季が最終年。この日はレギュラーシーズン最後の登板を終え、「結果は残念なものになりました」と報告している。また、同投稿には「2014 年のヤンキース入団会見をする前か、した後の写真」と説明し、約7年前に撮影された1枚を掲載。そこには縦縞のユニフォームを身体に合わせるように広げ、笑顔を浮かべた田中の姿が収められている。
  これを見た国内外のファンからは「ニューヨークにはマサが必要」「行かないで!」「あなたが残ってくれることを願っています」「もう7年も経っているなんて信じられません」「またヤンキースと契約してくれないかな?」「私たちはマサを愛しています」など様々なコメントが寄せられた。

 同投稿では、4年連続で進出を決めているプレーオフに向けて「まだこれからプレーオフでやり返すチャンスがあるので、また明日からの調整をしっかりとやっていきたいと思います!」と意気込みを明かした田中。次は30日(日本時間10月1日)に行なわれるワイルドカードシリーズ第2戦での先発が予想されている。

構成●THE DIGEST編集部

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2020年、そして7年契約、レギュラーシーズン最後の登板をしてきました。 結果は残念なものになりました。 しかしまだこれからプレーオフでやり返すチャンスがあるので、また明日からの調整をしっかりとやっていきたいと思います! シーズンが全て終わってからまたちゃんと振り返りたいと思います。 写真は2014 年のヤンキース入団会見をする前か、した後の写真?

Masahiro Tanaka(@masahiro_tanaka.official)がシェアした投稿 -

関連記事(外部サイト)