これまでは松坂のリーグ4位が最高…ダルビッシュ「日本人初の最多勝」が持つ歴史的意義

これまでは松坂のリーグ4位が最高…ダルビッシュ「日本人初の最多勝」が持つ歴史的意義

日本人投手初の最多勝獲得という快挙を確実なものとしたダルビッシュ。(C)Getty Images

ダルビッシュ有(カブス)が現地25日のホワイトソックス戦に登板し、7回無失点の好投で8勝目。日本人投手としては史上初の最多勝獲得を確実にした。

 これまで、日本人投手が最多勝のタイトルに最も近づいたのは2008年に松坂大輔(当時レッドソックス)。18勝を挙げてリーグ4位タイに入ったが、22勝のクリフ・リー(インディアンス)を筆頭に20勝投手が3人もいた。ちなみにこの年の松坂の18勝は、現在に至るまで日本人投手のシーズン最多勝記録である。

 リーグ5位に入った例は3度。野茂英雄が96年と03年、前田健太が16年にいずれもドジャースで16勝を挙げた。12年のダルビッシュと黒田博樹(当時ヤンキース)、そして16年の岩隈久志(マリナーズ)も同じく16勝を挙げたが、いずれもリーグ6位だった。
 2008 松坂大輔(レッドソックス) 18勝(ア4位)
1996 野茂英雄(ドジャース) 16勝(ナ5位)
2003 野茂英雄(ドジャース) 16勝(ナ5位)
2016 前田健太(ドジャース) 16勝(ナ5位)
2012 ダルビッシュ有(レンジャーズ) 16勝(ア6位)
2012 黒田博樹(ヤンキース) 16勝(ア6位)
2016 岩隈久志(マリナーズ) 16勝(ア6位)
2002 野茂英雄(ドジャース) 16勝(ナ7位)
※ア=アメリカン・リーグ、ナ=ナショナル・リーグ

 つまり、これまでは最多勝どころか、リーグトップ3に入ったことすらなかったということだ。そう考えると、60試合の短縮シーズンと言えども最多勝獲得がいかに貴重な快挙であるかが分かる。たとえサイ・ヤング賞を受賞できなかったとしても、2020年のダルビッシュが歴史的なシーズンを送ったことをしっかり記憶にとどめておきたい。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTO】ダルビッシュ、大谷、マエケン!メジャーリーグで活躍する日本人選手を一挙紹介!

関連記事(外部サイト)