【パ・リーグ今週の注目カード】藤原が奮闘しながら得点力不足に苦しむロッテ打線は復調できるか

【パ・リーグ今週の注目カード】藤原が奮闘しながら得点力不足に苦しむロッテ打線は復調できるか

10月9日のソフトバンク戦では猛打賞を記録した藤原。だが、打線全体ではなかなか得点を挙げることができていない。写真:産経新聞社

●オリックス−ソフトバンク
(13〜15日/京セラドーム)

 ソフトバンクは先週末のロッテとの首位攻防戦に2勝1敗と勝ち越し、ゲーム差を2に広げた。ペナントはおおよそこの2チームに絞られたと言っていい。今週は直接対決はないものの、ともに3位・楽天との戦いを控えており、息の抜けない戦いが続く。

 ソフトバンクは対オリックス戦に14勝5敗と大きく勝ち越しているが、中嶋聡監督代行が就任以降のチーム状態は見違えるほど元気になった。事実、ソフトバンクは前回の対戦(9月22〜24日)では、1分2敗と負け越している。

 しかも、初戦のマウンドは9月の月間MVPに輝いた山本由伸。今季ソフトバンク戦は5試合で2勝2敗、防御率2.81。そのうち4回は千賀滉大との投げ合いだったが、今回の相手は笠谷俊介。この違いが投球にどんな影響を与えるか。一方、ソフトバンク打線では柳田悠岐、グラシアル、中村晃が山本から本塁打を放っている。彼らを上位に並べるのも一つの手かもしれない。
 ●ロッテ−楽天
(13〜15日/ZOZOマリン)

 ロッテとのゲーム差が5もある楽天や西武がCSを諦めない理由は、ともにロッテとの対戦成績が良いからだ。言い換えれば、ロッテが両チームをしっかり叩けば決着はつく。

 ロッテは新型コロナウイルス感染で荻野貴司、角中勝也ら複数の主力野手が戦線離脱してからの5試合で計8点。藤原恭大が奮闘しているとはいえ、チーム全体としては得点力不足に苦しんでいる。井口資仁監督は打線の組み換えも示唆しているが、ここは残った主力野手の中村奨吾、井上晴哉の奮起に期待したい。

 一方、ロッテを引きずり下ろしたい楽天は、則本昂大、涌井秀章、岸孝之の経験豊かな3投手が先発する。則本は精彩を欠いているが、涌井は古巣ロッテ相手に今季すでに3勝。岸も3ここ3試合連続でQSを記録するなど不振から脱却しつつある。しかも、ZOZOマリンは西武時代の14年にノーヒッターを達成した思い出の地だ。
 ●ロッテ−日本ハム
(16〜18日/ZOZOマリン)


 ロッテは初戦先発予想の二木康太が5連勝中と好調をキープしている。前回登板では首位ソフトバンクを相手に7回3安打1失点の快投を披露。エースらしい投球が板についてきた。澤村拓一、唐川侑己、益田直也らを擁するブルペンは10月の防御率が1.64と絶好調なだけに、しっかりゲームを作れば勝利の可能性はぐっと高まる。
  一方の日本ハムは、打撃タイトル争いを繰り広げる選手が複数いる。主砲の中田翔は本塁打と打点で、大阪桐蔭高の後輩・浅村栄斗(楽天)を追う。ホームランは2本差、打点は1つと十分、射程圏内だ。出塁率でリーグ2位の吉田正尚(オリックス)に.015差をつける近藤健介は、逆に打率では吉田を.015差で追う。6度目の30盗塁に到達した西川遥輝は周東佑京(ソフトバンク)を4つ差で追いかけている。

 また、18日の日本ハム先発はまだ不透明。万が一、吉田輝星の一軍昇格があれば、2年前の甲子園夏の決勝で対決した藤原恭大との再戦が実現する。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。

【PHOTO】ファンの心を鷲掴み!イケメンプロ野球選手を厳選!

関連記事(外部サイト)