【2020ドラフト候補ランキング最終版:11〜20位】評価上昇中の法大・鈴木など有力大学生が続々登場

【2020ドラフト候補ランキング最終版:11〜20位】評価上昇中の法大・鈴木など有力大学生が続々登場

ともに東京六大学で活躍する入江(左)と鈴木(右)。どちらも即戦力として期待される。写真:山手琢也

10月12日に高校生・大学生のプロ志望届が締め切られたが、大学進学が有力視されていた高橋宏斗(中京大中京高)に続いて、トミー・ジョン手術を受けた山崎伊織(東海大)もプロ入りを表明。また、大学生は秋季リーグ、社会人は都市対抗予選で最後のアピールを繰り広げている。それらの動きも反映しながら、2020年ドラフト候補ランキングの最終版をまとめた。

 毎年のことではあるが、1位抽選を外した球団やウェーバー順によって指名順位は大きく変動する。”生き物”でもあるドラフト会議を楽しむ上で、ぜひこのランキングを参考にしてもらいたい。

【表】ドラフト候補ランキング1〜50位一覧

▼11位:小林樹斗[投手・智弁和歌山高](前回順位:11位)
(こばやし・たつと/右投右打)
将来像:平野佳寿(ダイヤモンドバックス)
 1位の高橋宏斗(中京大中京高)、7位の山下舜平大(福岡大大濠高)の次に大きく評価を上げた高校生投手が小林だ。昨年秋は不調だったものの、今年春から夏にかけてしっかり調子を上げて、甲子園の交流試合でも見事なピッチングを見せた。元々フォームの良さには定評があったが、躍動感が加わりスピードも150キロを超えてきている。若手の本格派投手が欲しい球団は狙い目の選手の一人だ。
タイプ診断:#フォーム◎ #本格派
 12位:森博人[投手・日本体育大](前回順位:14位)
(もり・ひろと/右投右打/豊川高)
将来像:近藤一樹(ヤクルト)
 リリーフタイプの大学生では伊藤大海(苫小牧駒沢大)に次ぐ存在とも言える本格派右腕。そのスピードはコンスタントに150キロ以上をマークし、コントロールも安定している。打者の手元で鋭く変化するスライダーも大きな武器だ。好投手が多いチームにあって、これまで酷使されていないという点も大きなプラス要因と言えるだろう。
タイプ診断:#柔軟性 #リリーフタイプ

▼13位:小深田大地[三塁手・履正社高](前回順位:12位)
(こぶかた・だいち/右投左打)
将来像:村上宗隆(ヤクルト)
 前回よりも順位を下げているが、これは小深田の評価が下がったというわけではなく、他の選手が急上昇してきたことが要因だ。甲子園の交流試合では1安打に終わったものの、大阪府の独自大会ではその打棒をいかんなく発揮して見せた。長打力と確実性を兼ね備えており、打撃に関しては高校生ナンバーワンであることは間違いないだろう。
タイプ診断:#長距離砲 #中軸候補
 ▼14位:大道温貴[投手・八戸学院大](前回順位:13位)
(おおみち・はるき/右投右打/春日部共栄高)
将来像:涌井秀章(楽天)
 先発投手としての総合力では大学球界でも屈指の右腕。下級生の頃から着実にスピード、制球、変化球すべてにおいてレベルアップし、リーグを代表する存在となった。秋のリーグ戦でもいきなり7回参考ながらノーヒット・ノーラン、13奪三振と圧巻のピッチングを見せている。豊作と言われる大学生投手の中でも、ここへ来て急上昇してきた印象だ。
タイプ診断:#安定感 #先発タイプ

▼15位:鈴木昭汰[投手・法政大](前回順位:25位)
(すずき・しょうた/左投左打/常総学院高)
将来像:河本育之(元ロッテ)
 8月に行われた春のリーグ戦に続いて秋のリーグ戦でも変わらぬ投球を披露。ストレートがコンスタントに140キロ台後半をマークするようになり、元々の持ち味である変化球が生きるようになった。先発でも面白いが、リリーフであれば更に良さが生きる可能性が高い。サウスポーでは早川隆久(早稲田大)に次ぐ存在と言えるだろう。
タイプ診断:#本格派左腕 #中学日本代表
 ▼16位:入江大生[投手・明治大](前回順位:16位)
(いりえ・たいせい/右投右打/作新学院高)
将来像:増田達至(西武)
 春のリーグ戦ではもうひとつ調子が上がらなかったが、秋は見事に復活。登板した試合は常に150キロを超えるスピードをマークしており、コントロールも以前と比べてレベルアップした印象を受ける。この秋は先発としても結果を残しているが、プロで早くから勝負するならリリーフとしての起用がおすすめだ。
タイプ診断:#剛腕

▼17位:古川裕大[捕手・上武大](前回順位:15位)
(ふるかわ・ゆうだい/右投左打/久留米商)
将来像:大城卓三(巨人)
 大学球界ではナンバーワンの強打のキャッチャー。大柄でありながら身のこなしに軽さがあり、ショートもこなす運動能力の高さは大きな魅力。スローイングも速いだけでなく正確さも光る。バッティングも大きな穴がなく、広角に強い打球を放つ。希少性の高い打てるキャッチャーだけに、上位指名の可能性は高いだろう。
タイプ診断:#強肩 #三拍子
 ▼18位:平内龍太[投手・亜細亜大](前回順位:ランク外)
(へいない・りゅうた/右投右打/神戸国際大付)
将来像:加治屋蓮(ソフトバンク)
 昨年秋は故障で登板がなく、今年も右ヒジの手術を受けたことで出遅れていたが、夏のオープン戦でしっかりと調整を進め、ここへ来て急浮上してきた。長いイニングを投げるとまだセーブしたようなボールが多いが、リリーフでは最速156キロをマークするなど、ストレートの勢いはアマチュアトップレベル。故障明けという不安はあるが、スケールの大きい投手だけに上位指名の可能性も十分にあるだろう。
タイプ診断:#剛腕 #リリーフタイプ

▼19位:元山飛優[遊撃手・東北福祉大](前回順位:17位)
(もとやま・ひゆう/右投左打/佐久長聖高)
将来像:京田陽太(中日)
 好素材が揃う大学生ショートの中でも総合力ではナンバーワン。大柄でもフットワークが良く、深い位置からでも見事なスローイングを見せる。華麗さと堅実さを兼ね備えた守備は一級品だ。打撃も少し波はあるものの広角に鋭い打球を打ち分け、ツボにはまればスタンドまで運ぶパンチ力もある。プロでもショートで勝負できる素材と言えるだろう。
タイプ診断:#守備職人 #強肩
 ▼20位:高田琢登[投手・静岡商](前回順位:18位)
(たかだ・たくと/左投左打)
将来像:今永昇太(DeNA)
 高校生のサウスポーでは代表的な存在。下級生の頃から大器と評判だったが、順調にレベルアップし、この夏の静岡独自大会でも見事な投球を見せた。コンスタントに140キロ台中盤をマークするストレートとスライダー、チェンジアップのコンビネーションは高校生離れしたものがある。体が大きくなれば更に凄みを増す可能性が高いだろう。
タイプ診断:#ダイヤの原石

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる。ドラフト、アマチュア野球情報サイト「プロアマ野球研究所(PABBlab)」を2019年8月にリリースして多くの選手やデータを発信している。

関連記事(外部サイト)