【ドラフト候補タイプ別診断:即戦力】投手では栗林、野手では牧、五十幡の中大コンビが双璧

【ドラフト候補タイプ別診断:即戦力】投手では栗林、野手では牧、五十幡の中大コンビが双璧

大学全日本でも4番を務める牧。即戦力度で言えば、近大の佐藤をも上回る。写真:滝川敏之

いよいよ26日に迫ったプロ野球のドラフト会議。ここでは、テーマ別に有力候補を紹介していきたい。今回のキーワードは『即戦力』だ。

 投手では早川隆久(早稲田大)に人気が集中することが予想されるが、同じ大学生では伊藤大海(苫小牧駒沢大)の方がわずかではあるが完成度の高さは上回っているように見える。

 そして、即戦力という意味でナンバーワンと言えるのは栗林良吏(トヨタ自動車)になるだろう。社会人でも層の厚さではトップクラスのチームにあって1年目からエースとなると、今年の都市対抗予選でも初戦と代表決定戦という重要な2試合で見事な投球を見せてチームを本大会出場に導いた。150キロに迫るストレートと多彩な変化球をコーナー、低めに集めるピッチングは安定感抜群で、牽制やフォールディングなど投げる以外のプレーも高レベルだ。1年目からローテーション入りする可能性は極めて高い。
  社会人でもう一人完成度の高さが光るのが小木田敦也(TDK)だ。ドラフト解禁の年だった昨年は調子を落として指名が見送られたが、今年は見事に復活。150キロを超えるストレートは数字に見合う力があり、変化球のコントロールも昨年と比べて格段にレベルアップした印象を受ける。先発、リリーフどちらでも力を発揮できるというのも大きな評価ポイントだ。

 野手では五十幡亮汰(中央大)がそのスピードで間違いなく即戦力となるが、詳細は『スピードスター』のテーマで触れたい。打撃に関しては五十幡のチームメイトである牧秀悟(中央大)が一歩リードしている印象だ。全国でも最もレベルが高いと言われている東都大学リーグで昨年から安定して結果を残し続けているのは見事という他ない。特に打撃の確実性は野手で一番人気と見られている佐藤輝明(近畿大)を大きく上回っている。堅実な二塁守備に加え脚力を備えているのも魅力だ。
  社会人の野手では、内野手では中野拓夢(三菱自動車岡崎)、外野手では向山基生(NTT東本)を挙げたい。中野は三拍子揃ったショートでパンチ力も光る。向山は強肩強打を備えた社会人でも屈指の実力を誇る外野手だ。昨年は近本光司(阪神)、今年は小深田大翔(楽天)がいきなりレギュラーをつかんでおり、改めて社会人野手の力が見直されているだけに、指名を検討している球団も多いだろう。

 忘れてはならないのが田沢純一(BCリーグ・埼玉武蔵)だ。リーグ戦での成績は防御率3.94ともうひとつの結果に終わったが、スピードはまだ150キロを超え、何よりもメジャーで長くプレーしてきた豊富な経験は大きな武器だ。果たして指名はあるのか。あるとしたらどの球団が何位で指名するのか。それも今年のドラフトの大きな焦点の一つと言える。
 【2020年ドラフト:主な「即戦力」選手たち】
栗林良吏(トヨタ自動車) 投手
伊藤大海(苫小牧駒沢大) 投手
早川隆久(早稲田大) 投手
田沢純一(BCリーグ・埼玉武蔵)
牧秀悟(中央大) 内野手
中野拓夢(三菱自動車岡崎) 内野手
五十幡亮汰(中央大) 外野手
向山基生(NTT東本) 外野手

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる。ドラフト、アマチュア野球情報サイト「プロアマ野球研究所(PABBlab)」を2019年8月にリリースして多くの選手やデータを発信している。

関連記事(外部サイト)