【ドラフト候補タイプ別診断:西尾典文のおすすめ選手】高校生離れしたカットボールが魅力の飯山・常田に注目

【ドラフト候補タイプ別診断:西尾典文のおすすめ選手】高校生離れしたカットボールが魅力の飯山・常田に注目

フォームの良さが際立つ常田。公立校の飯山高から初のプロ野球選手となるか。写真:西尾典文

いよいよ26日に迫ったプロ野球のドラフト会議。今年も多くの選手に注目が集まっているが、THE DIGESTではテーマ別に有力候補を紹介していく。最終回は、年間300試合を現地で取材する西尾典文氏のおすすめ選手を紹介しよう。

 昨年、このテーマで紹介した選手では、鈴木寛人(霞ヶ浦高→広島3位)と小川一平(東海大九州キャンパス→阪神6位)がプロ入りし、小川は下位指名ながら開幕一軍を勝ち取った。2人に共通しているのはフォームに悪い癖がなく、しなやかさと伸びやかさがあるというところ。小川は昨年秋と比べても明らかにスピードアップしているように、こういうタイプは短期間で急成長するケースが多い。

 今年、同じ条件を満たす選手として紹介したいのが常田唯斗(飯山高)と益田武尚(北九州市立大)の2人だ。常田は昨年夏の甲子園で仙台育英に打ち込まれた時もフォームの良さが目立っていたが、あれから1年で見事な成長を遂げている。まだ少し重心は高いものの、上手く上半身の力を抜いて楽に鋭く腕を振ることができている。
  コンスタントに140キロ台をマークするストレートも素晴らしかったが、今年に入ってから覚えたというカットボールも高校生レベルのボールではなかった。長野の独自大会準決勝を現地で取材したが、東京ドームでの合同練習会で見事な打撃を見せた高寺望夢(上田西高)も4打数ノーヒットと完璧に抑え込んでいる。素材の良さは高校生の候補の中でも指折りと言えるだろう。

 益田は大学1年の時に初めて見て当時から印象に残っていたが、最後のシーズンでは想像以上の成長を見せていた。175cmと上背はないものの、フォームのバランスが良く、きれいに上から腕が振れるため身長以上にマウンド上で大きく見える。下半身の筋肉の充実ぶりからはかなり鍛えこんだことがうかがえ、フォームの躍動感も申し分ない。

  最速152キロという数字が先行して伝えられているが、むしろコントロールや変化球を含めたトータルのレベルの高さが光る投手である。上位候補という声は聞こえてこないものの、昨年の小川と同様に早くから一軍の戦力になってもまったくおかしくない実力者だ。

 野手では細川凌平(智弁和歌山高)と仁木敦司(広島国際学院大)の2人を推したい。細川はこの夏の交流試合も含めて4度甲子園に出場している有名選手だが、何度見ても驚かされるのがその対応力の高さだ。速いボールには鋭く体を回転させ、緩いボールに対しても多少体勢が崩れてもトップが崩れないので芯でミートすることができる。今年はショートに挑戦していたが、外野手として青木宣親(ヤクルト)のようなヒットメーカーになれる可能性もあるだろう。
  仁木はこの秋に急浮上してきた強打の三塁手。力強いスイングと打球の鋭さに加えて、この秋は投手としても150キロを超えるスピードをマークしており、その強肩は規格外のものがある。地方リーグでプレーしており大舞台の経験もないが、強肩強打の右打ちの三塁手という希少性があるだけに、ぜひプロで勝負させたい選手である。

【2020年ドラフト:西尾典文の「おすすめ選手」たち】
常田唯斗(飯山高)
益田武尚(北九州市立大)
細川凌平(智弁和歌山高)
仁木敦司(広島国際学院大)

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる。ドラフト、アマチュア野球情報サイト「プロアマ野球研究所(PABBlab)」を2019年8月にリリースして多くの選手やデータを発信している。
 

関連記事(外部サイト)