ドラフト直前最終予想! セ・リーグ6球団の1位&外れ1位指名はどうなる!?

ドラフト直前最終予想! セ・リーグ6球団の1位&外れ1位指名はどうなる!?

ヤクルト、広島の1位指名が予想される早川。他にも獲得に動くチームは現れるだろうか? 写真:山手琢也

いよいよ明日、2020年度のドラフト会議が行われる。どのチームも1位候補を絞り込んでいるはずだが、他球団と競合になってくじが外れる可能性もある。外れ1位指名の予想も含めて各球団の動向を改めてまとめてみよう。

【巨人】
1位:佐藤輝明(内野手/近畿大)
外れ:栗林良吏(投手/トヨタ自動車)


 宣言こそしていないものの、佐藤を1位指名することは確実と見られる。一方で、大塚球団副代表は「外れた場合は即戦力投手に行く」と語っており、外れ1位は社会人ナンバーワンの呼び声高い栗林か、もし栗林が一本釣りされてしまった場合は、鈴木昭汰(法政大)、森博人(日本体育大)、大道温貴(八戸学院大)あたりも候補になりそうだ。

【中日】
1位:高橋宏斗(投手/中京大中京高)
外れ:栗林良吏(投手/トヨタ自動車)


 地元愛知出身の高橋が大学進学から急転直下プロ入りを表明したことで、ドラフト戦略も一変。もともと、米村明チーフスカウトが松坂大輔や田中将大を引き合いに出すほどベタ惚れする逸材だけに、1位指名の可能性はかなり高い。競合になって外れた場合は同じく地元出身の栗林か。即戦力投手を望む現場の要求にも一致するが、センターラインを含む野手強化も補強ポイントで、五十幡亮太(中央大)も候補になるかも。
 【阪神】
1位:佐藤輝明(内野手/近畿大)
外れ:中森俊介(投手/明石商)、鈴木昭汰(法政大)


 巨人と同じく早くから佐藤に熱視線を送っていて、1位指名が有力視されている。問題は抽選に外れた場合に次善の策をどうするか。引き続き強打の野手獲得を目指すなら牧秀悟(中央大)らが選択肢に入ってくるが、もう一つの補強ポイントである先発左腕に目を移すなら鈴木昭汰(法政大)、藤井聖(ENEOS)が浮上する。また、世代交代を促進すべく中森、同じ明石商の来田涼斗指名に動く可能性もありそうだ。

【DeNA】
1位:牧秀悟(内野手/中央大)
外れ:木澤尚文(投手/慶応大)


 近年は独自路線を歩み、ドラフト当日まで球団の意向を明かさないことがほとんど。今年も、スポーツ紙などでは早川隆久(早稲田大)、木澤ら即戦力大学生投手の1位指名と見る向きが多いが、一方でそうした予想を裏切ることが多いのも事実だ。また、牧は懸案の二遊間強化を解決できる存在でもあり、最初の入札から指名してもまったく不思議はない。
 【広島】
1位:早川隆久(投手/早稲田大)
外れ:木澤尚文(慶応大)、入江大生(明治大)


 昨年、リーグ1位だった先発防御率が今季は5位まで悪化。新旧交代の時期も迎えているだけに、即戦力投手の1位指名が有力視される。競合確実の早川を避けて栗林良吏(トヨタ自動車)の一本釣りを狙う可能性もありそうだ。外れ1位としては、栗林が残っていればもちろん選択肢に入ってくるが、苑田聡彦スカウト統括部長の評価が高い木澤や入江、さらには森博人(日本体育大)も候補になりそう。
 【ヤクルト】
1位:早川隆久(投手/早稲田大)
外れ:栗林良吏(投手/トヨタ自動車)、平内龍太(投手/亜細亜大)


 広島以上に投手陣の再建が急務。昨年は高校生の奥川恭伸を1位指名していることを考えても、今年は即戦力投手指名が濃厚と思われる。早川は神宮のスターでもあるだけに、喉から手が出るほど欲しい選手だろう。即戦力度では早川を上回るとも言われる栗林も今のチームにぴったりな投手だが、高津臣吾監督の大学の後輩で、ここに来て評価急上昇中の平内も高く評価している模様だ。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTOギャラリー】球界を牽引するスター選手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る

関連記事(外部サイト)