ドラフト直前最終予想! パ・リーグ6球団の1位&外れ1位指名はどうなる!?

ドラフト直前最終予想! パ・リーグ6球団の1位&外れ1位指名はどうなる!?

複数球団による競合が確実な佐藤。それだけに、指名するチームは「プランB」も考えておかなければならない。写真:大友良行

いよいよ明日、2020年度のドラフト会議が行われる。どのチームも1位候補を絞り込んでいるはずだが、他球団と競合になってくじが外れる可能性もある。外れ1位指名の予想も含めて各球団の動向を改めてまとめてみよう。
★=1位指名を公表

【ソフトバンク】
1位:佐藤輝明(内野手/近畿大)
外れ:牧秀悟(内野手/中央大)、山下舜平大(投手/福岡大大濠高)


 規格外のパワーに加えて足も速く、“柳田悠岐二世”の異名を取る佐藤の1位指名が確実。ただ、5球団前後による競合が予想されるだけに「プランB」も考えておきたい。残っていればという条件付きながら、引き続き強打の野手獲得を目指すなら外れ1位は牧が有力候補か。一方、方針転換して、今ドラフト屈指のポテンシャルを誇る地元出身の高校生投手・山下を指名することも十分考えられる。

【ロッテ】
1位:早川隆久(投手/早稲田大)★
外れ:中森俊介(投手/明石商高)、鈴木昭汰(投手/法政大)


 地元千葉出身で子供の頃はマリンスタジアムの外野席で応援していたという早川の1位指名をすでに公表。ファンとしては抽選で外れた時のことは考えたくもないだろうが、そうなってしまった場合は球団スカウトの評価が高い中森が有力候補か。鈴木も、東京六大学出身の即戦力左腕という点では早川と同じで、次善の策としては悪くないだろう。
 【西武】
1位:佐藤輝明(内野手/近畿大)
外れ:鈴木昭汰(投手/法政大)、栗林良吏(トヨタ自動車)


 投手陣の低迷が数年来の懸案となっているが、渡辺久信GMが高く評価する佐藤の1位指名が有力と見られる。ただ、抽選で外れた場合は潔く投手の底上げに切り替える模様で、すでに最速152キロを誇る本格派左腕・鈴木が外れ1位候補として挙げられている。栗林良吏(トヨタ自動車)も、残っていれば当然候補にはなるはずだが、先発左腕が足りていないチーム事情も考慮してのことだろう。

【楽天】
1位:早川隆久(投手/早稲田大)
外れ:入江大生(投手/明治大)


 石井一久GMはドラフト1位候補を投手2人、野手1人に絞ったことを明言。投手2人は早川と高橋宏斗(中京大中京高)のことと見られていたが、一部スポーツ紙の報道によると実は高橋ではなく入江だという。競合を避けて入江の一本釣りを狙うとまではさすがに考えにくいが、石井GMは「先発が欲しい」と語っており、仮に早川を指名して抽選で外れたとしても、引き続き即戦力の先発型投手を狙っていくだろう。

 【日本ハム】
1位:伊藤大海(投手/苫小牧駒沢大)★
外れ:木澤尚文(投手/慶応大)


 一時は早川隆久(早稲田大)指名に傾いているとの報道もあったが、ドラフト直前になって北海道出身の本格派右腕・伊藤の1位指名を公表。現時点で他に伊藤を1位で指名しそうな球団は見当たらず、このままいけば単独指名での獲得に成功する。万が一、競合するチームが出てきて抽選で外れた場合は、伊藤と同じリリーフ適性を持っている木澤、あるいは強打の捕手・古川裕大(上武大)らが候補になりそうだ。
 【オリックス】
1位:佐藤輝明(内野手/近畿大)★
外れ:牧秀悟(内野手/中央大)、中森俊介(投手/明石商)


 長打力不足が年来の課題となっているだけに、佐藤の1位指名公言には納得。仮に佐藤を抽選で外しても、牧を獲得できれば御の字だろう。だが、牧が残っていなかった時は迷いどころ。中森など有力投手を1位指名して2位以降で改めて野手を獲得するか、それとも強打者獲得を引き続き優先して今川優馬(JFE東日本)や来田涼斗(明石商高)あたりを繰り上げ気味に1位指名するか。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTOギャラリー】球界を牽引するスター選手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る

関連記事(外部サイト)