ドラフト全球団1巡目指名が決定!それぞれ4球団競合の末、佐藤は阪神、早川は楽天に決定!

ドラフト全球団1巡目指名が決定!それぞれ4球団競合の末、佐藤は阪神、早川は楽天に決定!

巨人 亜大の平内を1位指名

ドラフト全球団1巡目指名が決定!それぞれ4球団競合の末、佐藤は阪神、早川は楽天に決定!

今ドラフトの目玉、佐藤(左)と早川(右)はそれぞれ4球団が競合した。写真:大友良行、山手琢也

26日に行われた2020年プロ野球ドラフト会議は、全球団の1位指名選手の交渉権が確定した。

オリックス 佐藤輝明(近畿大)→山下舜平大(福岡大大濠高)
ヤクルト  早川隆久(早稲田大)→鈴木昭汰(法政大)→木澤尚文(慶応大)
日本ハム  伊藤大海(苫小牧駒沢大)
広島    栗林良吏(トヨタ自動車)
楽天    早川隆久(早稲田大)
DeNA   入江大生(明治大)
西武    早川隆久(早稲田大)→渡部健人(桐蔭横浜大)
阪神    佐藤輝明(近畿大)
ロッテ   早川隆久(早稲田大)→鈴木昭汰(法政大)
中日    高橋宏斗(中京大中京高)
ソフトバンク 佐藤輝明(近畿大)→井上朋也(花咲徳栄高)
巨人    佐藤輝明(近畿大)→平内龍太(亜細亜大)
  事前に競合が予想されていた近畿大のスラッガー佐藤と、早稲田大の155キロ左腕・早川はそれぞれ4球団が競合の末、佐藤が阪神、早川が楽天に交渉権が確定。中京大中京高のエース高橋は中日、大学日本代表のクローザーも務めた苫小牧駒澤大の伊藤は日本ハム、トヨタ自動車の即戦力右腕・栗林は広島、明治大のエース入江はDeNAがそれぞれ単独指名に成功した。

 外れ1位では法政大の鈴木がロッテと楽天で競合。クジ引きの結果、ロッテが交渉権を獲得し、ヤクルトは外れ外れ1位で慶応大の155キロ右腕、木澤を指名した。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)