楽天のドラ1指名・早川隆久はどんな選手? あのダルビッシュも大絶賛するアマ球界ナンバーワン左腕

楽天のドラ1指名・早川隆久はどんな選手? あのダルビッシュも大絶賛するアマ球界ナンバーワン左腕

今ドラフトでは佐藤と並んで一番人気。事前に指名を公言していたロッテやヤクルトをはじめ4球団が入札し、楽天が当たりクジを引き当てた。

26日に行われたドラフト会議で、早稲田大・早川隆久は4球団競合の末、楽天が交渉権を獲得した。彼が一体どんな選手なのかを紹介しよう。

【名前】早川隆久(はやかわ・たかひさ)
【生年月日】1998年7月6日(22歳)
【出身地】千葉県
【身長/体重】179cm/72kg
【守備位置】投手
【投打】左投左打
【経歴】木更津総合高→早稲田大
  今ドラフトではナンバーワンの即戦力投手で、佐藤輝明(近畿大/阪神1位)と並んで目玉と目されていたサウスポーには下馬評通り人気が集中し、事前に指名を公言していたロッテとヤクルトをはじめ、楽天、西武の4球団が競合したが、クジ引きの結果、楽天が独占交渉権を引き当てた。

 木更津総合高では3度甲子園に出場してU-18日本代表にも選ばれたが、プロ志望届は出さず。早稲田大に進学してさらにスケールアップし、一躍ドラフト注目左腕に躍り出た。コロナ禍の間もトレーニングを欠かさず、145キロ程度だったストレートの平均球速が急上昇。対明治大戦で投げ込んだ155キロの剛速球は、あのダルビッシュ有(カブス)をして「いやいや笑 左で155km/hって笑 体感も速そう」と驚かせた。

 この剛速球に加えてスライダーやチェンジアップ、カットボールなど多彩な変化球を操り、コントロールにも定評がある。要所での詰めの甘さを指摘する声もあるが、自身もプロで活躍した早大の小宮山悟監督が「20年に一人の逸材」と惚れ込む逸材。プロ1年目からの活躍が期待される。

構成●THE DIGEST編集部
 

関連記事(外部サイト)