楽天のドラ1、早川隆久は「即戦力という形で試合に出られれば」と意気込み!「防御率にもこだわりたい」

楽天のドラ1、早川隆久は「即戦力という形で試合に出られれば」と意気込み!「防御率にもこだわりたい」

4球団による抽選で、楽天が交渉権を獲得した注目の左腕、早川。写真:山手琢也

プロ野球ドラフト会議が26日に行なわれ、4球団競合の末、楽天が交渉権を獲得した早川隆久(早稲田大)が、記者会見を行った。

 まず、ヤクルト、楽天、ロッテ、西武と4球団からの1位指名を受けたことに関し「率直な気持ちでいうと、ここまで評価され、指名されたことはすごくうれしい」と喜ぶ。その中で楽天が交渉権を得たことに対して「投手陣も強力ですし、打撃陣も強力なチームなので、自分も球団に入って馴染めるようになっていけばと思っています」と話し「やっとスタートラインに立ったというだけなので、特に何もうれしい…うれしい気持ちはもちろんありますけど、ここから勝負だという気持ちになりました」と気持ちを引き締めた。

 また、茂木栄五郎、福井優也といった早稲田の先輩たちが揃うチームへの入団に「すごく心強い」とし、「自分も即戦力という形で試合に出られれば」と意気込んだ。
  4年間の大学生活では「武器といえるものを見つけられた」と話し、それは何かと問われると「スピードに注目されがちですけど、その注目されているスピードを生かして、変化球を投げ分けて、三振だったり、打ち取ってゲームメイクできれば」と返答。プロでは155km/hを計測したストレートを生かす投球をしていきたいという。

 1年目の目標としては、「1、2年目は新人王を狙える」と語り、同世代の入江大生(明治大・DeNA指名権)、木澤尚文(慶應大・ヤクルト指名権)といったライバルたちを「同級生として戦ってきた仲間には負けたくない」と意識している様子。また、「勝利数もそうですが、防御率にもこだわりたい」とプロの舞台への決意を口にした。

 豊富な球種で巧みな投球術を見せる早川、大学後半に一気に成長した本格左腕によって、楽天は投手の厚みがさらに増すことだろう。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTOギャラリー】球界を牽引するスター選手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る

関連記事(外部サイト)