【2020ドラフト総括:オリックス】1〜3位いずれも高校を指名と低迷中ながら将来に振り切ったドラフトを敢行

【2020ドラフト総括:オリックス】1〜3位いずれも高校を指名と低迷中ながら将来に振り切ったドラフトを敢行

1位・山下、2位・元、そして3位の来田(写真)と将来性の高い高校生を立て続けに指名。最下位にもかかわらず思い切った動きを見せた。写真:徳原隆元

今年も大いに盛り上がったドラフト会議。果たして各チームは事前の狙い通りの指名ができたのだろうか? 事前のチーム状況を改めて整理しながら、オリックスのドラフトを振り返ってみよう。

【指名選手】
1位 山下舜平大(投手/福岡大大濠高)
2位 元謙太(外野手/中京高)
3位 来田涼斗(外野手/明石商高)
4位 中川颯(投手/立教大)
5位 中川拓真(捕手/豊橋中央高)
6位 阿部翔太(投手/日本生命)

【育成】
1位 川瀬堅斗(投手/大分商業高)
2位 辻垣高良(投手/学法松韻学園福島高)
3位 宇田川優希(投手/仙台大)
4位 釣寿生(捕手/京都国際高)
5位 佐野如一(外野手/仙台大)
6位 古長拓(内野手/BCリーグ福島)
  最大の補強ポイントに挙げていたスラッガー候補として早々に佐藤輝明(近畿大)の指名を明言していたが、抽選で外れ。外れ1位は方針を変えて高校生右腕の山下を指名。さらに2位でスラッガー候補として元を指名した。元は投手としても140キロオーバーを投じるアスリート型の野手で、広角に角度のついた打球が打てるのが最大の魅力だ。

 これでオリックスは高校生の右の強打者を3年続けて指名しており、打力不足を解消できる将来性豊かな野手の獲得という課題にしつこく向き合っていると言えるだろう。昨年の石川昂弥(中日)を逃した分を今年で取り戻した、と言えるような期待感が元にはある。ポジションについてはこれから決めていくだろうが、DHもあるパリーグの特性を生かしまずは打撃に磨きをかけたい。
  さらに3位ではオリックスJr.出身の来田を指名。こちらは左の強打者候補かつ数年間レギュラー不在のセンター候補で、やはり身体能力の高い選手だ。高卒スラッガー候補の獲得というポイントは、他球団も早々に高い順位で指名しているだけに、元と来田の指名はドラフト巧者のオリックスらしさを感じさせた。

 2つめの補強ポイントである高卒捕手には5位で中川拓を指名。中学時代は砲丸投げの全国大会に出場した強靭な肩と、どっしり下半身から繰り出される引っ張り方向への打球が魅力的だ。伏見寅威、頓宮裕真に次ぐ攻撃型捕手としてじっくり育成したい。育成でも同じく打撃が持ち味の釣を指名しており、打撃で結果を出してこそ正捕手という強い意志を感じさせた。
  3つ目の補強ポイントであった先発左腕は支配下では指名なし。2〜3位で他球団に根こそぎ大学生先発左腕を獲得された感もあり、今ドラフトで左腕は育成の辻垣のみ。22歳以下の支配下選手で左腕が1名という状況は改善できなかった。

 高校生右腕を1位指名、野手も全員高校生とかなり再建に寄った指名で、来季の戦力補強はFAかトレードあるいは新外国人頼みとなった。近年指名してきた高卒プロスペクトの壁となるような即戦力型野手を指名しなかった点は気がかりだが、それだけ高卒選手の育成に自信があるのだろう。3年後の一軍はもちろん、早くも来年の二軍の布陣が楽しみなドラフトとなった。

文●シュバルベ

【著者プロフィール】
オリックス・バファローズと東京ヤクルトスワローズを応援する30歳のおっさん。卒業してから足を運んだ東京六大学野球で東大の勝ちを見届け、アマチュア野球"沼"にも片足突っ込んでしまった野球好き。

関連記事(外部サイト)