新型コロナ陽性のターナーがマスク外して記念撮影…「無責任すぎる」「馬鹿げた行動」とファン激怒

新型コロナ陽性のターナーがマスク外して記念撮影…「無責任すぎる」「馬鹿げた行動」とファン激怒

問題のシーン。最前列中央が、新型コロナ陽性のターナー。(C)Getty Images

現地時間26日、ワールドシリーズ第6戦が行われ、ロサンゼルス・ドジャースが3対1でタンパベイ・レイズを下し、32年ぶりの世界一を飾った。アメリカをはじめ、世界中がドジャースの優勝で盛り上がる一方、試合中に新型コロナウイルスに感染していることが発覚したジャスティン・ターナーの行動が波紋を呼んでいる。

【PHOTO】スター選手が勢ぞろい! 2020MLBプレーヤーランキングTOP30

 この日、「3番・三塁手」としてスタメン出場していたターナーは、試合中に新型コロナウイルスの陽性が判明し、8回の守備から交代し隔離されていた。しかし、優勝後のセレモニーには、ターナーの姿があった。マスクをしたターナーは、最前列中央のロバーツ監督の横にやってくると、マスクを外して笑顔で撮影に臨んだのだ。
  米メディア『ブリーチャー・レポート』の公式Twitter(@BleacherReport)で、同シーンが公開されると、ファンからは「無責任すぎる」「タイトルを剥奪すべき」「馬鹿げた行動を超えている」「この傲慢さと愚かさで誰かが死んだらどうする」「97.5%の人は治るが2.5%の人は死ぬんだよ…」「信じられないほど利己的で無責任だ」などと、ターナーの行動に批判の声が相次いでいる。

 一方、今季トレードでドジャースに加入したムーキー・ベッツは「彼はチームの一員だ。勝利から彼を外すことは出来ない」と、チームの常勝軍団を支えてきたターナーを擁護するコメントをしている。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)