ソフトバンクが日本シリーズ進出に王手。「何とかしてやろうと」甲斐拓也が全力疾走で勝ち越し点をもぎ取る!

ソフトバンクが日本シリーズ進出に王手。「何とかしてやろうと」甲斐拓也が全力疾走で勝ち越し点をもぎ取る!

全力疾走からの決死のヘッドスライディングを見せ、勝ち越し内野安打と貢献した甲斐。写真:滝川敏之

ソフトバンク4−3ロッテ/11月14日/PayPayドーム

 リーグを制したソフトバンクがCS(クライマックスシリーズ)の初戦を制し、日本シリーズ進出に大きく前進した。

 試合の序盤は下克上を狙うロッテが優位に進める展開。2回に7番安田尚憲の2ランで先制すると、5回には1番荻野貴司のタイムリーで追加点を挙げる。

 一方で、ソフトバンクは2点差の6回、3、4番の連打と送りバントで一死二、三塁のチャンスを作る。ロッテのマウンドには2番手・東條大樹が上がるも、6番デスパイネの内野安打が飛び出し1点差に。さらに守備のミスも絡み、同点に追いついた。

 8回裏、先頭の4番グラシアルが四球で出塁すると、チャンスは二死満塁へと膨らむ。9番甲斐拓也の打球は、ショートの前へのボテボテのゴロ。それでも、全力疾走からの決死のヘッドスライディングが実り、勝ち越し内野安打となった。
  その後、守護神・森唯斗が締めたソフトバンクが先勝。リーグ優勝アドバンテージの1勝と合わせて、3戦先勝のシリーズ突破に王手をかけた。

 決勝タイムリーについて、「全力で走った。ベンチから先輩たちの声が聞こえたので、何とかしてやろうという気持ちでいった」と打席を振り返った甲斐。捕手としても3人の投手陣を巧みにリードし、「粘り強く投げてくれて、それが勝ちにつながっている」と7回3失点と粘投した同級生の千賀滉大をたたえた。
 
「雰囲気はすごく良い。チームみんなで戦っていくという気持ちで明日もやっていきたい」と話した扇の要。王者は貫禄を見せ、4年連続の日本一へまたひとつ近づいた。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】ファンの心を鷲掴み!イケメンプロ野球選手を厳選!
 

関連記事(外部サイト)