「神スイング!」「待ち受けにしたいくらい」ロッテ・藤原恭大のロングティー動画にファンから称賛の嵐

「神スイング!」「待ち受けにしたいくらい」ロッテ・藤原恭大のロングティー動画にファンから称賛の嵐

ロッテ・藤原のスローモーションによるロングティー動画が話題になっている。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

未来を嘱望される、ロッテの若武者の豪快なスイングが評判を呼んでいる。

 ロッテは21日、球団公式ツイッターで秋季練習の様子を公開。ファンの要望にこたえ真後ろから撮影した、藤原恭大がロングティーを行うスローモーション動画を投稿した。

 右足を上げ、軸足に体重を乗せてトスを待つ左のスラッガー。力強くバットを振りぬくと、打球は雲一つない青空に舞い上がる。そのままライナー性の軌道を描き、轟音とともに右翼席に飛び込んだ。全身を使った、フォロースルーの大きい迫力満点のスイングだった。
  この動画に「スローなのにスイングが速すぎる」「全身バネみたい」「じっっっくり見ちゃいます」「神スイング!」「待ち受けにしたいくらい美しいフォーム」「漫画みたいにきれいな弾道」と、絶賛の声が相次いだ。

 プロ2年目の今年、10月以降に1番に定着し、計3本塁打を放った藤原。そのうち2本は先頭打者アーチで、チームに勢いをもたらした。来年は、開幕からレギュラーに定着し、飛躍の年となるだろうか。千葉の核弾頭から目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)