【日本シリーズ第1戦|採点&寸評:ソフトバンク】殊勲はもちろん3安打4打点の栗原。千賀、グラシアルの活躍も光る

【日本シリーズ第1戦|採点&寸評:ソフトバンク】殊勲はもちろん3安打4打点の栗原。千賀、グラシアルの活躍も光る

日本シリーズ初スタメンの栗原は本塁打を含む3安打4打点と大活躍した。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)

[日本シリーズ第1戦]ソフトバンク 5−1 巨人/11月21日/京セラドーム大阪

【ソフトバンク・総評】
7.5
 投手戦が予想された試合で、2回に栗原陵矢の2点本塁打で先制。先発・千賀滉大も期待に応えるピッチングで、序盤で試合の流れをグッと引き寄せた。6回、8回にも追加点を挙げて完勝。殊勲は4安打4打点で全打席出塁の栗原だが、つなぎのバッティングを見せたグラシアルの働きも見逃せない。

<野手>
1 二 周東佑京 6.5
序盤は菅野智之に抑えられたものの、守備では4回無死一、二塁のピンチで併殺を成功させた。8回に四球で出塁して盗塁を決め、中村晃の適時打でホームを踏んだ。

2 一 中村晃 6.5
4対0で迎えた8回表、一塁走者の周東の盗塁を待ち、成功を誘った。その後、左翼前にポトリと落とすタイムリー。きっちり役割を果たす仕事人ぶりはさすがだった。

3 中 柳田悠岐 6.0
ノーヒットに終わったが、6回2アウト走者なしから死球で出塁。その後、ダメ押し点となる2点が入っただけに、いかにこの出塁が大きかったかは推して知るべし。4 左 グラシアル 7.0(7回交代)
チャンスメーカーに徹して、2安打2得点。昨年のシリーズで2本塁打を放った菅野に対して大振りせず、コンパクトなスウィングで栗原の4打点を演出した。影のヒーロー。

★MAN OF THE MATCH
5 右 栗原陵矢 7.5
CSでは無安打に終わったが、日本シリーズで勝負強さを発揮。2回はスライダー、6回はストレートが甘く入ったところを見逃さなかった。3安打4打点を挙げて、全打席で出塁。シリーズ男に名乗りを上げた。

6 指 デスパイネ 6.5
ヒットは1本だけだったが、豪快なスウィングは巨人バッテリーに脅威を与えていた。グラシアルと栗原を挟むことで、配球面でチームに貢献している。
 7 遊 牧原大成 6.0
4回無死一、二塁のピンチでは併殺をきっちり決めた。9回にはビエイラの152キロのストレートを右翼線に力強く弾き返す二塁打を放ち、明日以降に弾みをつけた。

8 三 松田宣浩 5.5(9回交代)
4打数ノーヒットで打球処理もなく、9回裏に守備固めを送られて交代。ただ、声でチームを鼓舞し、幾度となく千賀と甲斐バッテリーを勇気付けていた。

9 捕 甲斐拓也 6.5
序盤はストレートで押して、徐々に変化球を増やしていく配球で千賀をうまくリードした。C Sでの反省をしっかりと生かしたと言える。

<途中出場選手>
上林誠知(7回守備)
川瀬晃(9回守備)
 <投手>
千賀滉大 7.0(7回)
2点を先制してもらった直後の2回裏は圧巻の投球。159キロのストレートでねじ伏せるなど、試合の主導権をぐっと引き寄せた。3回以降は、ボールの質にばらつきこそあったものの、中盤からはカットボールを交えて付け入る隙を与えなかった。7回を3安打無失点。1勝以上に価値のある投球だった。

モイネロ 7.0(1回)
四球を1つ出したものの、3三振の圧巻のピッチング。明日以降も期待できるだろう。

森唯斗 5.5(1回)
2つの四死球を与え、犠牲フライで1失点。大差がついていたとはいえ、明日以降へ向けてやや不安を残す投球だった。

<監督>
工藤公康 6.5
C Sではいまいち調子が良くなかった栗原の5番起用を継続。助っ人2人で挟む形で気持ち良く打たせた。打順の勝利と言えるだろう。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。

関連記事(外部サイト)

×