【日本シリーズ第1戦|採点&寸評:巨人】先発・菅野が4失点し、岡本や丸など主力打者も沈黙。試合内容が採点にも…

【日本シリーズ第1戦|採点&寸評:巨人】先発・菅野が4失点し、岡本や丸など主力打者も沈黙。試合内容が採点にも…

昨年の雪辱を果たしたかった菅野だが、6回4失点で負け投手に。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)

[日本シリーズ第1戦]ソフトバンク 5−1 巨人/11月21日/京セラドーム大阪

【巨人・総評】
5.5
 今年も相手エース・千賀滉大の前に打線が沈黙した。4番の岡本和真は1四球こそ選んだもののストレートに押され、丸佳浩もチャンスで併殺打。ソフトバンクの4、5番が機能していただけに、この差は大きかった。先発の菅野智之は初回こそいい滑り出しだったが、2つの失投が命取りになった。

<野手>
1 二 吉川尚輝 5.5(8回代打)
3打数ノーヒット。5回にフォークを捉えて右翼フェンス際まで運んだが届かず、8回に代打を送られた

2 右 松原聖弥 5.5(8回代打)
初回は四球を選ぶなど粘りを見せたことは評価できる。ただ、会心の当たりはなく、8回に代打を送られた。

3 遊 坂本勇人 6.0
千賀との対戦では2打数1安打1四球と昨年とは違いを見せられたが、初回の三振が嫌な流れを作ったことは反省したい。次回の対戦が楽しみになった。
 4 三 岡本和真 5.5
今年も千賀のストレートとカットボールにはまったく合わなかった一方、フォークを見切ることができていた。2つの四球を明日以降にどうつなげられるか。

5 中 丸佳浩 5.5
9回に一矢報いる安打を放ったものの、試合全体を通すと4回無死一、二塁での併殺打があまりにも痛い。反撃の流れを断ち切ってしまった。

6 指 亀井善之 5.5
4打数ノーヒット。2点を追う4回の2死三塁の好機でも力のない遊撃ゴロに倒れた。
 7 一 中島宏之 5.5
3打数無安打2三振ながら、5回はレフトに大きな当たりを放つなど打席内容はそれほど悪くはなかった。

8 左 ウィーラー 6.0
2回によく粘った末にチーム初ヒット。9回には犠牲フライを放ってチーム唯一の打点を挙げた。

9 捕 大城卓三 6.0
第1打席は12球も粘り、第2打席は見事な中前安打。ただ、リード面では菅野を引っ張りきれず。周東佑京に盗塁を許した場面も、スタートが遅かっただけにもったいない。

<途中出場野手>
若林晃弘 ー(8回代打)
石川慎吾 ー(8回代打)
岸田行倫 ー(8回守備)
田中俊太 ー(9回代打)
 <投手>
菅野智之 5.5(6回)
調子自体は悪くなかったが、結果的には栗原陵矢一人にやられた格好。2回の2点本塁打、6回の2点タイムリー二塁打もらしくない失投だった。

戸郷翔征 6.0(1回)
菅野の後を受けての登板。無失点に抑えたとはいえ、流れを呼ぶピッチングとまではいかなかった。

高橋優貴 5.5(1回)
左打者が並ぶところで起用されたにもかかわらず、ベンチの意図をまるで感じていない投球だった。

ビエイラ 6.0(1回)
先頭に二塁打を浴びたが、何とか粘った。ただ、アバウトな投球はやや不安が残る。

<監督>
原辰徳 5.5
千賀に対して、積極的に行こうという攻略姿勢は打線に浸透していた。ただ、作戦を駆使する場面は皆無に等しかった。エース対決で敗れ、なす術がなかったというしかない。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。
 

関連記事(外部サイト)

×