【日本シリーズ第3戦|採点&寸評:ソフトバンク】7回ノーヒットに封じた先発ムーアがシリーズ最高評価の「8.0」!

【日本シリーズ第3戦|採点&寸評:ソフトバンク】7回ノーヒットに封じた先発ムーアがシリーズ最高評価の「8.0」!

ムーアは150キロを超える速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーションで巨人打線を7回無安打に封じた。写真:田口有史

[日本シリーズ第3戦]ソフトバンク4−0巨人/11月24日/PayPayドーム

【ソフトバンク・総評】 7.5
初回、エラーでいきなり無死二塁のピンチを背負ったが先発のムーアが無失点で切り抜けると、3回2死から走者を出して中村晃が先制の2点本塁打。ノーヒット投球を続けていたムーアに疲れが出たと見るや、7回ですっぱり交代させた工藤監督の采配も見事。巨人に付け入る隙をほとんど与えず3連勝で日本一に王手をかけた。

<野手>
1 二 周東佑京 6.5
2回のシリーズ初安打は先制につながる内野安打。7回も死球で出塁してホームを踏んだ。二塁の守備でも安定していた。

2 一 中村晃 7.0
先制の2点本塁打を含む2安打3打点の活躍。得点にはつながらなかったものの、6回は挟殺プレーで粘って2人の走者を進塁させた。

3 中 柳田悠岐 6.5
初回に152キロの速球を弾き返して右翼フェンス直撃の単打。6回にもヒットを放った。派手な活躍は見せていないが、打席の存在感など相手への脅威は大きい。

4 左 グラシアル 6.5(7回交代)
7回に貴重な4点目となるタイムリーを放った。相手投手が外のスライダーを投げるのを待っていたかのような技ありの一打だった。
 5 右 栗原陵矢 6.0
3打数0安打。6回には申告敬遠されるなどかなりマークを受けていた。少し勢いは止まったが、打席でのアプローチに問題はなさそうだ。

6 指 デスパイネ 5.5
6回の1死満塁のチャンスで見逃し三振。一気に試合を決められたが、相手投手を粉砕することはできなかった。

7 遊 牧原大成 5.5(6回交代)
初回先頭打者の遊撃ゴロで悪送球で無死二塁のピンチを作った。ムーアが粘って事なきを得たが、痛恨のエラーだった。

8 三 松田宣浩 6.5
5回表無死一塁からウィーラーのサードゴロを好捕。これが抜けていたら試合展開は変わっていただろう。7回裏には先頭打者としてヒットを放ち、追加点につなげた。

9 捕 甲斐拓也 6.5
ムーアの好投を引き出し、巨人打線を9回2死までノーヒットに抑えた。的を絞らせないリードは見事だった。
 <投手>
★MAN OF THE MATCH
ムーア 8.0(7回)
7回をノーヒットピッチング。ストレートを軸にしながら、ナックルカーブ、チェンジアップをうまく使って、巨人打線を翻弄。これ以上のない極上のピッチングだったといえる。

モイネロ 6.5(1回)
少し制球を乱したが、終わってみれば3三振で打線を圧倒。手がつけられそうにもない。

森唯斗 6.5(1回)
2アウトから丸佳浩に安打を浴びて大記録を逃したが、無安打無得点で出番が来て相当な重圧を感じていたはず。クローザーとしての役目はしっかり果たした。
 <監督>
工藤公康 7.0
2連勝していても采配は変わらず、どんどん仕掛けていった。長谷川勇也の代打起用やムーアの交代など、どれも納得できるものばかり。選手層の厚さをしっかりと采配につなげている。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。高校野球指導者のためのオンラインサロンを開設している。

関連記事(外部サイト)