サラリーマンがプロ野球チームへ出向? ソフトバンクの三軍設立に尽力――東大出身のプロ野球選手が球史に刻んだ足跡

サラリーマンがプロ野球チームへ出向? ソフトバンクの三軍設立に尽力――東大出身のプロ野球選手が球史に刻んだ足跡

元ソフトバンク球団取締役の小林(写真右。左は秋山幸二元監督)。選手としての実績はないに等しいが、フロントマンとしてホークスの三軍設立を主導した。写真:産経新聞社

日本ハムの宮台康平が25日、戦力外通告を受けた。2017年のドラフト7位で日本ハムから指名されたときは、「東京大出身のプロ野球選手」として話題となったが、これまでの3年間で一軍登板わずか1試合。球団は育成契約を打診しているという。

 宮台は、東大出身者では6人目のプロ野球選手だ。これまでの選手たちはいずれも、球史に興味深い足跡を刻んだ選手ばかり。ここでは、彼ら5人の経歴について紹介しよう。

▼新治伸治(投手/元大洋) 
通算成績:88登板 9勝6敗 82奪三振 防御率3.29

 東大からのプロ野球選手第一号は、プロ入りの経緯からして特殊だった。1965年に東大の経済学部を卒業後、水産加工業の大手・大洋漁業(現マルハニチロ)に入社。この時点では普通のサラリーマンだったが、、社長の中部謙吉に東大でエースとして投げ続けた経験を買われ、“子会社”の大洋ホエールズ(現DeNA)に、“出向”させられた。

 しかし、元サラリーマンのプロ野球選手は意外な好投を見せる。開幕から中継ぎとして投げ続け、7月25日の対広島戦では、3番手として投げた直後に味方が逆転してプロ初勝利。10月18日の対サンケイ(現ヤクルト)戦では完投勝利も記録した。結局この年は40試合に登板して5勝2敗、防御率3.16と活躍。翌66年も37試合に登板したが、その後は徐々に出番が減少し、68年のシーズン終了後に親会社の大洋漁業へ“復帰”して引退する。サラリーマンに戻ってからは順調に出世し、支社長や系列会社の社長、そして横浜ベイスターズの球団顧問などを歴任し、04年に62歳で亡くなった。
 ▼井手峻(投手・外野手/元中日) 
通算成績(投手)/通算成績(打撃):17登板 1勝4敗 21奪三振 防御率5.13/359試合 12安打1本塁打2打点 4盗塁 打率.188 OPS.474

 ドラフト制度が開始されてからは初の東大出身選手。東大では3年次の65年に、アジア野球選手権の日本代表メンバーにも選ばれている。卒業後は三菱商事に内定が決まっていたが、66年の第2次ドラフト(この年は社会人と国体に出場しない高校生が第1次ドラフト、大学生と国体出場の高校生は第2次ドラフトの指名対象だった)で、中日から3位指名を受けて翻意し、プロ野球の世界に身を投じた。

 プロ1年目から一軍で17試合に登板し、9月には大洋戦で新治と“東大対決”を演じたりもしたが、肩を痛めて2年目からは外野手に転向。その後は俊足と強肩を武器に、代走や守備固めで活躍した。73年5月5日には、巨人の左腕エース高橋一三から決勝弾を放ったが、これは今も東大出身者唯一の本塁打である。76年の引退後は会社員をしていたが、78年からは中日に復帰し、コーチや二軍監督を歴任した後にフロント入り。50年以上にわたって中日にかかわり、さまざまな立場で球団を支え続けた後、19年12月に母校・東大の野球部監督に就任した。
 ▼小林至(投手/元ロッテ)
通算成績:一軍出場なし

 東大在学中は結局1勝もできず。なぜなら当時の東大は今もリーグ記録の70連敗を喫するなど、暗黒時代の真っただ中だったからだ。それでもマスコミの取材のたびに「プロに行きたい!」と宣言していたところ、ロッテの金田正一監督の耳に入り、91年に入団テストを受けて合格。練習生として在籍した後、同年のドラフト8位でロッテに指名された。

 プロ2年間で一軍出場は果たせず、二軍でも計26試合の登板に終わったが、引退後にアメリカのコロンビア大学経営大学院に留学してMBA(経営学修士号)を取得。05年からはソフトバンクの球団取締役として招聘され、三軍制度の設立を主導し、現在のソフトバンク黄金時代の礎を作った人物でもある。現在は桜美林大学で教授を務めている。

▼遠藤良平(投手/元日本ハム)
通算成績:1登板 0勝0敗 0奪三振 防御率なし

 六大学リーグの選手として神宮球場で投げたいという夢を持ち、一浪の末に東大に合格。1年の春からリーグ戦で起用され、大学4年間で通算57試合に登板して8勝を挙げた。これは東大の左腕投手では歴代最多の数字だ。99年のドラフトでは日本ハムから7位指名を受けて入団した。

 一軍での登板は1試合のみで、プロ2年目の01年10月1日、左打者・柴田博之のワンポイントリリーフとしてマウンドに上がった。だが、すぐに右打者の玉野宏昌が代打に送られて内野安打で出塁を許し、1死も取れずに降板。後続が打たれて玉野の生還を許したため、生涯防御率は「無限大」となっている。引退後は球団のフロント入りし、ダルビッシュ有(現カブス)や大谷翔平(現エンジェルス)などの育成にもかかわった。15年からはGM補佐を務めている。
 ▼松家卓弘(投手/元横浜ほか)
通算成績:14登板 0勝1敗 15奪三振 防御率4.50

 香川県では随一の進学校、高松高の出身。甲子園出場こそないが、実力は香川県内でもよく知られており、当時からプロ注目の存在だったという。六大学では“弱小”の東大において、異端ともいえる「勝ちにこだわる姿勢」を見せて野球部を牽引。大学4年時の04年には、東大が10年ぶりに年間5勝を挙げたが、うち3勝は松家が記録したものだ。同年のドラフトでは横浜(現DeNA)から9位指名を受けて入団。

 プロ入り後4年間は一軍出場なしと苦しんだが、5年目の09年にリリーフとして9試合に登板。0勝1敗、防御率4.60の成績を残すも、オフに3対3のトレードで日本ハムへ移籍した。新天地1年目は5試合に投げたが、その後は登板がないまま12年限りで戦力外通告を受ける。その後はアメリカでの現役続行を目指し、ドジャースやホワイトソックスのトライアウトを受けたが不合格に終わった。15年に故郷・香川県の教員採用試験に合格し、現在は高松西高で教鞭を執っている。

文●筒居一孝(SLUGGER編集部)

【PHOTOギャラリー】球界を牽引するスター選手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る
 

関連記事(外部サイト)

×