V奪還のカギは先発ローテの確立と打線復活。昨季不振の森、外崎らに近付ける選手は?【キャンプ注目ポイント|西武】〈SLUGGER〉

V奪還のカギは先発ローテの確立と打線復活。昨季不振の森、外崎らに近付ける選手は?【キャンプ注目ポイント|西武】〈SLUGGER〉

2019年MVPから、昨季はまさかの大不振で自己ワースト成績に沈んだ森。今季の復調はチーム上昇のために大前提となる。写真:滝川敏之

「球春到来」。2月1日、2021シーズンのプロ野球キャンプがスタートする。コロナ禍でまだまだ不透明なところも多いが、この時点は全球団が“横一線”、どのチームも優勝のチャンスがある。だからこそ、春季キャンプではそれぞれの「長所」と「課題」をいかに伸ばして、解決していくのかがカギを握る。各球団の“見どころ”を探っていこう!

●先発ローテを確立できるか

 昨季の弱点だった先発投手には今季も不安が残る。高橋光成、松本航は当確だが、昨季開幕投手のニール、新外国人のダーモディの来日が未定となっており、3番手以降は不透明な状況だ。A班では今井達也、浜屋将太、十亀剣、B班では内海哲也、榎田大樹、與座海人らが候補だが、全体的に決め手に欠けるため激しい競争が繰り広げられるだろう。

 また日本ハムからトレード加入の吉川光夫、先発転向を志願している平井克典の起用法にも注目したい。投手の層が薄いだけに実績がある投手は有効に活用したいところだ。
 ●三軍メンバーの躍進

 昨季からスタートした三軍で鍛錬を重ねていた渡邉勇太朗、井上広輝、上間永遠の3投手が初めてA班入りを果たした。いずれも高卒2・3年目で、昨季の二軍公式戦では最も多い上間でも35.1回しか登板していないことを考えると異例の抜擢と言っていいだろう。「お試し」の要素が大きく開幕まで一軍で過ごすことは考えにくいが、このレベルを知ることによる成長に期待したい。

●主力野手に近付ける選手がいるか

 昨季は山川穂高・森友哉・外崎修汰の打撃が低迷し三連覇を逃したが、ドラフト以外の補強はなく今季を迎えることとなった。主力選手の復調は大前提として、他の野手がどれだけ彼らに近付けるかが今季のチームを左右するだろう。

 注目は3年目を迎える山野辺翔の起用法だ。二軍では2年連続でOPS.800以上とチームトップクラスの成績を残している。しかし定位置のセカンドには外崎がおり、一軍ではなかなか出場機会を得られていない。昨季ゴールデングラブを獲得した外崎のコンバートは考えづらく、今季27歳を迎える山野辺の打撃を生かすため他ポジションでの起用が見られるかは要チェックだ。

 またルーキーではタイシンガーブランドン大河と若林楽人がA班入りとチャンスを掴んだ。特に内外野の経験がある若林にとっては、同じく内外野を守れるスパンジェンバーグの来日が遅れていることが追い風になりそうだ。昨季一軍出場も多かった鈴木将平や川越誠司がB班スタートとなっていることもあり、打撃でアピールできれば開幕一軍の可能性も出てくるだろう。

文●nerimamo
【著者プロフィール】
西武線沿線に生まれ、松坂大輔・松井稼頭央がキッカケでライオンズファンに。Twitterで試合のデータや編成に関する投稿をしているが、球場で応援することが最大の楽しみ。メットライフドームのグルメは日本一だと思っている。好きな言葉は「宣言残留」。

関連記事(外部サイト)

×