マー君、いざ東京五輪へ!侍ジャパンの理想の投手陣はこれだ〈SLUGGER〉

マー君、いざ東京五輪へ!侍ジャパンの理想の投手陣はこれだ〈SLUGGER〉

田中(左から2番目)のNPB復帰で投手陣は一層豪華さを増した。大野(左)、菅野(右から2番目)、千賀(右)と揃った先発陣は、まさに負ける気がしない顔ぶれだ。(C)THE DIGEST

ニューヨークヤンキースをFAになっていた田中将大投手が楽天に復帰した。
 1月30日で行われた記者会見は日本のプロ野球ファンを狂喜させる言葉が田中の口から発せられ、キャンプインを前にして、日本の野球界には心地よい風が吹いている。

 その会見の中で、もっとも野球ファンを喜ばせたのが東京五輪への出場意欲、そして、金メダル奪取宣言だ。

 田中は20歳だった2008年に北京五輪に出場。3試合に登板して防御率0.00ながらも屈辱の4位に終わっている。

 東京五輪が1年延期になったタイミングで日本に復帰したことで侍ジャパン入りが可能になり、新たな目標をぶち上げたというわけである。

 田中が代表入りとなれば、楽しみが増える。
 菅野智之がポスティングでのメジャー移籍を断念。球界屈指のエースが国内チームにいることで厚かった投手陣。そこへ田中が加わるのだ。強力なピッチングスタッフが形成されることは間違いない。

 まだ新型コロナウイルスの収束に目処が立ってっていない状況ではあるが、今回は東京五輪の開催を信じて、理想の侍ジャパンのピッチングスタッフを組んでみた。

 先発は3〜4人はこの選手をチョイスした。
1田中将大(楽天)
2千賀滉大(ソフトバンク)
3菅野智之(巨人)
4大野雄大(中日)
  ケチのつけようがない現在の日本のプロ野球界トップ4と言えるだろう。
 田中はメジャーでの経験もさることながら、短期決戦には強い。ここ1番で負けない投手として決勝戦から逆算したローテーションで組んでいきたい。

 コマンド能力に長けた田中、スピードと変化球の鋭さが持ち味の千賀、多彩な変化球を駆使してバランスの良い菅野、サウスポーから懐に投げ込み圧巻の10完投の大野と特徴が異なっているのもこの4人の先発陣が選択される理由だ。

 決勝戦の先発マウンドに田中がいることを想定し、千賀、菅野、大野と逆算して組めれば、はっきり言って負ける気がしない。

 一方、シーズン中の開催であるため、偏った起用はできない。ローテーションを球数で絞って守っていくという起用を、稲葉篤紀監督は目指すはずだ。

 そうなってくると、試合展開によってはリリーバーをうまく使いこなさなければいけなくなる。第2先発はもちろん、勝利の方程式を作っておく必要がある。2019年のプレミア12ではクローザーに山崎康晃(DeNA)を置いて、山本由伸(オリックス)や甲斐野央(ソフトバンク)などを起用して勝ち切ったが、ここも選定が必要だろう。
  以下が勝利の方程式だ。シーズンが始まってからの調子によって変わってくるだろうが、現時点ではこの3人を選出したい。

クローザー   山本由伸(オリックス)
セットアッパー右 平良海馬(西武)
セットアッパー左 松井裕樹(楽天)

 本来なら、クローザー候補の一番手は山崎だが、昨季はシーズン中の不調から2軍降格を経験するなど、パフォーマンスがどの程度戻っているかは予測がつかない。そう考えると、本来は先発の3番手以内に入る能力がある山本を起用するべきだと考えた。

 実は、先発に山本を入れなかった理由は、メンタル的に戦えるリリーバーの人材が山本以外で見つけるとなると、なかなか、簡単ではなったからである。経験値では森唯斗(ソフトバンク)や増田達至(西武)、益田直也(ロッテ)など実績のある投手はいるが、彼らは長年の勤続疲労がありすぎる。ここは若い世代に託したい。

 もちろん、山本はチームでは先発要員のため、球団とのミーティングが必要だろう。五輪だけクローザーを受け入れてもらえるかどうかは本人の意思確認も含めて確認したい。

 セットアッパーは昨季の新人王で、リリーフでの9回ノーヒッターを達成した西武のホープ平良だ。まだプロデビューして2年。160キロのストレートは世界の舞台で見せたいボールの質だ。

 左のセットアッパーは人材が極めて少ないが、昨季途中からクローザー に返り咲き、今季はクローザーを務める松井がベストだろう。もし、山本をクローザー起用できない場合も、経験値から鑑みて、松井が務めるのがベストだと考える。
  また、レギュラーシーズン開幕後からのアクシデントも想定できる。
 このメンバーには入れなかったが、今季の開幕後の調子次第では割って入ってくる選手も少なくないだろう。その人材は以下の二人だ。

 先発   高橋光成(西武)
 リリーフ 田澤純一(未全)

 今季、エース、またはローテーションの格にならなければいけない投手が球界には数名いる。シーズン開幕から、それらの投手がどれほどのパフォーマンスを見せつけるかが注目されている。

 候補として目されるのが、西武・高橋光成、広島・森下暢人、日本ハム・上沢直之、阪神・高橋遥人ら。チームでエースの座を奪い取り、4本柱に割って入ることができるかが注目される。

 一方、リリーフ候補としては台湾の未全ドラゴンズに所属する田澤をあげた。2013年にワールドチャンピオンに輝いた右腕は昨季から日本球界復帰を目指していた。ドラフトでは指名されなかったが、N P Bに入団できなくても、侍J A P ANなら可能なはずだ。

これには田澤がチームで大活躍することが絶対条件だが、もし、力が証明されれば、日本の代表として是非とも見たい選手だ。このほかでは中川皓太(巨人)岩崎優(阪神)福(中日)らの動向も気になるところだ。

文●氏原英明

【PHOTO】”マー君”の8年ぶり楽天復帰が電撃決定!笑顔で入団会見に臨む田中将大を特集!

関連記事(外部サイト)