【センバツ】最後のノーヒッター男、“大谷&藤浪超え”の現広島右腕…アマ野球ライターが「衝撃を受けた投手」5人とは

【センバツ】最後のノーヒッター男、“大谷&藤浪超え”の現広島右腕…アマ野球ライターが「衝撃を受けた投手」5人とは

“技巧派”ダルビッシュが達成したノーヒッターは鮮烈なインパクト。皆さんの記憶に残る投手は誰? 写真:産経ビジュアル

今月19日に開幕する選抜高校野球。これまでも多くの名選手が登場したが、年間300試合以上を現地で取材するスポーツライターの西尾典文氏に、これまで見た試合で強烈なインパクトを残した現役選手(メジャーを含む)を投手、野手それぞれ5人ずつ振り返ってもらった。今回はまず投手編だ。

   ◆   ◆   ◆

 自分がアマチュア野球の現場で本格的に取材を始めたのは2002年から。それ以降の選抜高校野球に出場した投手で、真っ先に思い出されるのが2004年のダルビッシュ有(東北・現パドレス)だ。

 ダルビッシュは中学時代からすでに評判の選手で、この大会までにも現場で何度も投球を見ていたが、2年秋までは身体的な不安からか、手を抜いたような変化球でかわすことが多く、正直凄みを感じることはほとんどなかった。しかし、この大会の初戦、熊本工戦では初回から9回まで常に安定したピッチングを披露。最後まで1本のヒットを許すことなく、ノーヒットノーランを達成して見せた。

 ちなみに甲子園大会ではこれ以降、ノーヒッターは記録されていない。ただこの時も球威で圧倒するというよりも、ストレートをうまく見せ球にして、変化球を低めに集める器用さが光っていた。本人も自身のことを“変化球投手”と語っているが、その言葉通りのピッチングだったと言えるだろう。
  逆に、ボールの力で圧倒的なインパクトを残したのが、2009年の菊池雄星(花巻東・現マリナーズ)だ。特に圧巻だったのが初戦の鵡川戦。最速150キロをマークしたストレートと打者の手元で鋭く変化するスライダーを武器に、9回1死までノーヒットピッチング。最終的にはそこから2安打を許して大記録は逃したものの、まったく打たれる気配が感じられなかった。この年の夏には155キロもマークしたが力みが目立ち、春の鵡川戦がベストピッチだったという印象だ。

「大会を通じて最も安定していた投手」となると、2009年にその菊池に投げ勝って優勝投手となった今村猛(清峰・現広島)である。現地でピッチングを見た初戦の日本文理戦と2回戦の福知山成美戦はいずれも2ケタ奪三振で完封。ただ、鵡川戦の菊池のように常に相手打線を圧倒していたわけではない。走者がいない場面では6〜7割程度の力で投げ、ピンチになるとギアを上げていた。

 2番手以下の投手の力が落ち、一人で投げ抜く必要があったためこのようなピッチングになったのだろうが、それでも最後までホームを踏ませない姿は、菊地にはない大人の部分が感じられた。結局5試合でマウンドを譲ったのは準々決勝の箕島戦の9回だけで、大会を通じて44回を投げて1失点という文句のつけようのない成績で優勝。ちなみに甲子園で公立高校が優勝したのはこの時の清峰が最後である。
  過去10年の選抜で見ると、2012年の藤浪晋太郎(大阪桐蔭・現阪神)と大谷翔平(花巻東・現エンジェルス)の投げ合いが語られることが多い。しかし、この大会で球界に名をとどろかせた2人以上に強く印象に残っているのが、当時2年生だった中村祐太(関東一・現広島)だ。

 初戦の別府青山戦では被安打2、四死球0、13奪三振で完封。その後も智弁学園、横浜と強豪を相手に完投勝利を収め、チームをベスト4進出に導いた。驚かされたのがそのストレートだ。スピードは140キロ前後だったものの、打者がことごとく差し込まれており、投球の割合も大半がこの“平凡”な速球だったのだ。現代野球でここまで変化球に頼らずに抑え込める投手はなかなかいない。プロではここまで実働4年で通算11勝12敗と目立つ成績を残していないが、この時のようにストレートで圧倒する投球を見せてくれることを期待したい。
  2013年以降では安楽智大(済美・現楽天)、一昨年の奥川恭伸(星稜・現ヤクルト)なども素晴らしかったが、個人的にそれ以上の衝撃だったのは2015年に登場した高橋純平(県岐阜商・現ソフトバンク)だ。下級生の頃から評判の投手で2年春、秋の東海大会でもその投球を見ていたが、当時は力任せに速いボールを投げている印象だった。

 それがこの選抜ではガラッと変わり、楽に腕を振って150キロ近いボールを連発するようになっていたのだ。初戦の松商学園戦は2安打11奪三振、続く近江戦は3安打10奪三振で連続完封をマークしたが、まだまだ余力が感じられた。夏には太腿を故障して登板が少なく、プロでも19年にセットアップとしてブレイクしたものの、全体を通して怪我に苦しんでいる。ただ、その資質はソフトバンク投手陣の中でも指折りであることは間違いないだろう。

 今年の大会はすでに最速150キロを超えている小園健太(市和歌山)、畔柳亨丞(中京大中京)、松浦慶斗(大阪桐蔭)、関戸康介(大阪桐蔭)をはじめ、過去の大会と比べても前評判の高い投手が多い。それだけに今回紹介した5人を上回るようなインパクトのあるピッチングを見せてくれる投手が現れることを期待したい。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

関連記事(外部サイト)