片岡篤史の左バッター診断。阪神・佐藤は「(松井+柳田)÷2」、日本ハム・清宮は「耐え時」

片岡篤史が語るYouTubeと今季のプロ野球 後編 中編を読む>>

 ヤクルトの村上宗隆をはじめ、ロッテの安田尚憲、日本ハムの清宮幸太郎、阪神のルーキー・佐藤輝明など、プロ野球界には将来が期待される「左打者」がひしめいている。かつて、日本ハムや阪神で左の強打者として活躍した片岡篤史は、そんな若手たちをどう見ているのか。

 聞き手は、YouTubeの『片岡篤史チャンネル』でアシスタントを務める吉田恵美。普段の動画で見せているような軽快なやりとりで、今季にブレイクが期待される左打者などについて語った。


注目の左打者について語る片岡篤史。手前はYouTubeチャンネルのアシスタント吉田恵美

吉田恵美(以下:吉田) 今年、注目すべき左打者を挙げるとしたら誰になりますか?

片岡篤史(以下:片岡) もう(前編・中編でも)名前が出てきたけど、セ・リーグは阪神の佐藤(輝明)を挙げないといかんでしょ。ルーキーでどれくらいやるのか楽しみやね。大卒の野手で、ドラフト1位指名が4球団競合になったのは原(辰徳・東海大)さん以来だし、強いソフトバンクと巨人が指名した選手というのも"お墨付き"感がある。

 オープン戦でのことだけど、広い甲子園で逆方向に長打を打っていたのも魅力。開幕後は苦しんでいる部分もありますが、何があっても使い続けてほしい。ホームランの本数はそこそこいくやろうと思いますし、欲を言えば打率も頑張ってほしい。僕が大卒1年目の日本ハムで残した数字(.290)を抜いてほしいな(笑)。

吉田 それは高いハードルですね(笑)。佐藤選手はソフトバンクの柳田(悠岐)選手と比較されることも多いですが、いかがですか?

片岡 ちょっとタイプは違うと思うんですよ。逆方向に強い打球が打てるところは共通していますし、2ストライクからでも粘り強く、バッティングを変えられるところは似ているのかな。柳田の一番いいところは柔軟性。体がかなり前にいってもバットがあれだけ振れるのは、相当体が柔らかいという証拠で、そこは佐藤と違うと思います。

 佐藤はどちらかというと松井(秀喜)タイプかなぁ。松井は逆方向への長打は比較的に少ないですが、軸足に体重を残してグッと回るところが似ています。柳田と松井を足して2で割った......とは言いすぎかもしれないけど、球界を代表する左打者2人と似ている点があるのにはロマンを感じます。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

×