39歳のヤクルト青木宣親はなぜ灼熱の戸田で「7日間の猛練習」を敢行したのか

 7月17日からプロ野球は東京五輪開催によりシーズン中断となった。この日、ヤクルトの一軍選手たちは14時から戸田球場で汗を流していた。戸田での練習は7日間にわたり行なわれ、強く印象に残ったのが39歳の青木宣親だった。

 練習初日。13時過ぎに球場を訪れると、青木はすでに早出のティー打撃でバットを振り込んでいた。それを終えると、今度は一塁ベンチ前からライトのポールへ向かってのロングティー。青木のロングティーは、シーズン中ではまず見られない光景である。

「前半戦でよくなかったところを潰しているようにと思ってやっています。やっぱり遠くへ飛ばそうと思ったら、バットを強く振ることが大切になってくるので......。この7日間をいい時間にしたいですね」


戸田での7日間、黙々とバットを振り続けたヤクルト青木宣親

 チーム練習が終わり、スタッフが打撃ケージを片づけていると、バットを手にした青木は「もう終わり?」と尋ねた。

 青木は居残りでフリー打撃をしたかったようだが、仕方なくティー打撃で打ち込みを始めた。ただ、いつもの芸術的なティー打撃とは違い、歯を食いしばりながら力の限り振り込んでいた。終わると両ひざに手をつき、「ハァハァ」と息切れしている姿は、ひたむきな若手選手のようだった。

 2日目の練習は朝9時からのスタート。だが青木は8時過ぎにやって来て、ティー打撃とロングティーで汗を流していた。

「朝は6時に起きています。球場に早く来ることは苦じゃないし、朝のほうが気温も低く練習しやすいですから」

 この日のチーム練習は、時間の多くをフリー打撃にあてた。打撃ゲージからおぼつかない足取りで青木が出てくると、高津臣吾監督は「おいおい」と笑う。青木は「朝からやっているので」と笑顔で返した。

 練習3日目。午前8時前、外野でポール間走をしている選手がいるなと思ったら、青木だった。30分ほど走り込み、その後はストレッチ、腕立て、腹筋と、体をいじめ抜いた。

続きを見る

関連記事(外部サイト)