山本昌がドラフト上位候補の投手13人を最終チェック。「こんな選手いたのか」と驚いたのは?

 32年にわたるプロ生活で通算219勝を挙げたレジェンド・山本昌氏(元中日)が、今年もドラフト会議直前にプロ注目の好投手をアナライズ。甲子園不出場だった高校生と大学生・社会人・独立リーグのドラフト候補13名について語り尽くした。

山本昌の2021センバツ好投手診断はこちら>>
山本昌の2021夏の甲子園好投手診断はこちら>>


甲子園出場は果たせなかったが、ドラフト1位指名候補の高知・森木大智

森木大智(高知高/184センチ・90キロ/右投右打)

 非常にまとまりのあるフォームで、高校生としては完成度が高いです。中学3年生時に軟式ボールで150キロを投げたと聞いて注目していましたが、順調に成長していると感じます。腕の振りの強さはストレートだけでなく、曲がりの大きなカーブ、抜けのいいチェンジアップにも生かされています。私が映像を見た高知大会準決勝(高知中央戦)では腕が出てくる角度が少し低いかなと感じましたが、これから体力をつけながら自然と上がってくると理想的です。今まで以上に角度がつき、ボールが走るようになるでしょう。いずれにしても、過去に評論した小園健太くん(市和歌山)、風間球打くん(ノースアジア大明桜)と「高校BIG3」と言われるだけの能力は十分にありますね。

続きを見る

関連記事(外部サイト)