真中満がヤクルトの「3位予想」を撤回。優勝へ投手・野手のキーマンは?

真中満インタビュー@後編
「セ・リーグ優勝争い」

前編から読む>>

2年連続最下位から今季躍進、セ・リーグ首位を走るヤクルトスワローズ。2位阪神タイガース、3位読売ジャイアンツと優勝争いを繰り広げている。そこで今回、ヤクルトが前回リーグ優勝した2015年に、監督としてチームを率いた解説者の真中満氏にインタビュー。後編では、デッドヒートの首位争いを分析してもらった。


ヤクルトの好調を支える村上宗隆、石川雅規、山田哲人の3選手。真中満氏がキーマンとして挙げたのは? photo by Kyodo News

【五輪を通じて、守備に自信をつかんだ村上宗隆】

ーー前編に引き続き、セ・リーグ優勝争いの現状、ヤクルトの今シーズンの戦いについて振り返っていただきたいと思います。この夏には東京五輪で侍ジャパンが金メダルを獲得。山田哲人、村上宗隆両選手の活躍は、チームにもいい刺激を与えたんじゃないでしょうか?

真中 正直、そこはあまり関係ないと思いますね(笑)。もちろん、山田、村上は気力の充実や達成感はあったと思いますけど、他の選手にとっては「オレも出たかった」という思いのほうが強いと思いますから。ただ、村上にとっては大きな収穫のあった大会だったと思いますよ。

ーー詳しく教えください。

真中 村上のサードの守備ですね。五輪という大舞台で堂々と守り抜くことができた。昨年までは正直、村上の守備についてはみんな多少の不安もあったわけです。でも、プレッシャーのかかるなかでも無難なプレーを披露することができた。守備が安定してくると、バッティングにも集中できる。それは村上にとっても、チームにとっても大きなメリットだと思いますね。

続きを見る

関連記事(外部サイト)