中学では6番手の遊撃手、高校は控え投手。中央学院大・山崎凪はいかにしてドラフト候補になったのか

「どんなピンチでも堂々と自信を持ってインコースを突けることです」

 そう語るのは中央学院大のドラフト候補右腕・山崎凪。このマウンド度胸こそ山崎の最大の魅力である。

 ファンであるティム・リンスカム(元サンフランシスコ・ジャイアンツなど)を真似た勢いのあるフォームから最速149キロのストレートと落差あるフォークなどで、要所で三振を奪える技術を持っている。


ダイナミックなフォームから最速149キロの速球を投げ込む中央学院大の山崎凪

 葛飾区に生まれ、幼稚園の年長時から東金町ライナーズで野球を始め、中学時代は強豪・江戸川中央リトルシニアでプレー。だが山崎は「6番手のショート」でしたと笑う。

 当時指導していた池田颯平氏(現・東京日本橋ボーイズ監督)に確認すると、「いくらなんでもウチにそんなたくさんのショートはいませんでしたよ」と笑うも、「まだ体が小さかったのでベンチ入りの25人には入れない選手でした」と振り返る。

 一方で、「野球でここまでの選手になるとは思っていませんでしたが、なにかしらの大物になると思っていました」と語る。

 とにかく行動力が抜群だった。趣味は「有名人のサイン集め」で、これまでマイケル・ジャクソンからサインをもらったり、ホテルで何時間も待って日米野球で来日していたロビンソン・カノ(当時ニューヨーク・ヤンキース)のサインをゲットしたり、物怖じしない姿勢は今のマウンドさばきからも容易に想像がつく。

 また池田氏が「野球小僧というよりもマニアですね(笑)」と話すように、野球、とくにMLBが大好き。前述したように、投球フォームはリンスカムを参考にしたもので、背番号「44」も大学1年の時にマネージャーから「メジャーリーガーっぽいだろ」と渡されて以来、ずっとそのままだ。

 中学、高校時代と試合に出られなくても「野球をやめようと思ったことは一度もなかった」と語るように、ひたむきに取り組んできた。

 そんな山崎に転機が訪れたのは高校時代。同じシニアの有力選手とセットで入った千葉英和高校で、2年夏までは控えの内野手だったが、新チームとなって挑む秋季大会を前にBチームの試合(二軍戦)で投手陣が軒並み不調。そこで山崎は「投げるのが好きだったから」と、小学生以来となる投手に立候補。

続きを見る

関連記事(外部サイト)