ドラフトの指名漏れから4年。佐渡島出身初のプロ野球選手へ、桐蔭横浜大・菊地大稀にスカウトも高評価

 新潟県西部に浮かぶ人口約5万人の佐渡島。高校までこの島で過ごし、現在は桐蔭横浜大学の4年生としてプロ入りを目指しているのが、身長188センチの大型右腕・菊地大稀だ。

 佐渡高校3年だった4年前も「佐渡島出身者初のドラフト指名か」と注目されたが、指名漏れ。それでもブレずに思いを貫き、再びドラフト候補として指名を待っている。


佐渡島出身初のドラフト指名を目指す桐蔭横浜大の菊地大稀

 菊地は、140キロ台後半のストレートとタテに割れるスライダーで三振の山を築く。9月25日の神奈川大戦で14奪三振完封。さらに10月2日の松蔭大戦でも8回を14奪三振無失点。スカウトが見守るなか、文句なしの快投を見せた。

 齊藤博久監督は菊地について「バランスがよくなりましたよね。自信を持って投げています」と目を細める。菊地も「目指してきたストレートの質が向上し、それが試合でも出せています」と自信を深めている。

 ストレートのキレと制球が格段によくなったことで、持ち味であるタテに割れるスライダーなど、変化球も生きるようになった。

 視察にきたスカウトからも「フォームがしっかりし、リリースも強くなり、制球も安定してきた」「タテのスライダーに加えて、脱力したフォームから力強いストレートを投げられるので空振りが取れる」と、次々に高評価の声が聞かれた。

 そんな高いポテンシャルを持ちながらも、これまではその実力を見せつけることができなかった。佐渡高校時代も指名の期待がかかったが、最後の夏を前に右太もも裏のハムストリングを肉離れし、新潟大会は初戦敗退。9球団から調査書は届いていたが、支配下ドラフトで呼ばれることはなかった。

「とても悔しい思いをしました。自分にはまだまだ力がないんだと切り替えました」

 高校卒業後、菊地は投手育成に定評のある桐蔭横浜大への進学を決めた。だが4年春までのリーグ戦通算成績は、無敗ではあるが4勝にとどまるなど、本来の力を発揮できずにいた。

続きを見る

関連記事(外部サイト)