夏の甲子園で評価が急上昇。敵将も認めた「捕手力」を武器に京都国際・中川勇人はドラフト指名を待つ

 今年のドラフト候補の高校正捕手といえば、昨年秋の段階では高木翔斗(県岐阜商)、松川虎生(市和歌山)の評価が高く、センバツ後は大津綾也(北海)の名前が挙がるようになった。そして夏の甲子園で一気に注目を集めたのが、京都国際の中川勇斗だ。


今夏の甲子園でチームのベスト4進出の立役者となった京都国際の中川勇斗

 小牧憲継監督によると、中川に大きな変化が見られるようになったのは、今春のセンバツがきっかけだったという。2回戦で東海大菅生にサヨナラ負けを喫したあと、指揮官は中川にこう言った。

「2年生の森下(瑠大)とバッテリーを組んでいる3年生のおまえがもっとしっかりしないと」

 中川もその試合を振り返り、こう反省の弁を述べる。

「東海大菅生戦はどうしても逃げる配球になってしまった。もっとインコースを使っていかないといけないし、そうしないと投手の持ち味を出せない。あの試合から攻める配球を心がけるようになりました」

 小学校5年で野球を始めた時からキャッチャーひと筋だが、京都国際では1学年上に強肩強打の捕手・釣寿生(オリックス)がいたため、特別目立った存在ではなかった。それでも小牧監督から「ハートが強く、どんな状況でも怯まない」と高く評価され、1年秋から積極的に起用されていた。

 そして新チームとなった2年秋から正捕手となると、存在感を示すようになった。ところが、中川の強気の性格が裏目に出てしまう時もあった。小牧監督が言う。

「イケイケになるところがあって、時にピッチャーよりも前に出てしまうところがあって......」

 そのことは、中川自身も自覚している。

「キャッチャーというポジションはピッチャーを盛り立てないといけないのですが、自分は目立ちたいと思っていました。チーム的にもよくないとわかっていたのですが、プレーでアピールしたいという気持ちが強かった」

 だがセンバツの敗戦をきっかけに、自分がすべきことは何なのかをあらためて考えるようになった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)