42歳・久保康友が無給で独立リーグのマウンドに上がる理由。「仕事やお金がなくなっても死ぬわけじゃないし…」

 場内にポルノグラフティの『アゲハ蝶』が流れる。アップテンポなリズムに乗って、リリーフの久保康友が一塁側ブルペンからマウンドに駆けていく。その躍動感とスリムな体型を見れば、この投手が今年で42歳になるとは思えない。

 独立リーグのオープン戦。兵庫県三田市のキッピースタジアムのバックネット裏スタンドに座るのは、ベンチ外の選手や関係者がほとんど。観客は数えるほどだった。そんな野球場のマウンドにNPBで通算97勝を挙げた投手が立つとなれば、場末のスナックのような哀愁が漂っても不思議ではない。だが、久保にそんなセンチメンタルなムードは微塵もなかった。


今季から関西独立リーグの兵庫ブレイバーズでプレーする久保康友

 肌寒いナイトゲームということもあり、頻繁に拳に息を吹き込んで指先を温める。小気味いいフォームから放たれたストレートは、最速141キロをマークした。最後はファーストへの平凡なゴロが飛ぶと、久保は軽やかな足取りで一塁ベースカバーに入り、試合を締めくくった。これが2022年に入って実戦3登板目。2年間のブランクを感じさせない、快調な投球だった。

世界遺産への渇望

 久保は今季から関西独立リーグの兵庫ブレイバーズに入団している。NPB復帰を目指して独立リーグでプレーしているというなら、話はわかりやすい。だが、久保は今のところNPBへの興味を示していない。「現役なのか何なのか、自分でもわかりません」と久保は笑う。

 今の久保を衝き動かしているもの。それは「世界を巡りたい」という衝動である。世界巡りと国内独立リーグでのプレーがどう結びつくかと言うと、まずは久保の「我慢の歴史」を知ってもらう必要がある。

 松下電器(現・パナソニック)でプレーしたアマチュア時代から、久保は世界遺産に魅入られていたという。

「世界の秘境のDVDとか買って、よく見ていました。いつか行きたいなと。でも、実際に行くのは国内で我慢していたんです」

続きを見る

関連記事(外部サイト)