絶望、軍隊、地獄…日本一厳しいと評される亜細亜大野球部が挑む「合理的な根性論」の実体

【短期連載】令和の投手育成論 第11回

第10回はこちら>>


 日本で"最も厳しい"野球チームはどこか?

 球界関係者がそう聞かれたら、おそらく多くが亜細亜大学を思い浮かべるだろう。実際、井端弘和(元中日)や赤星憲広(元阪神)などプロに巣立ったOB自身もそうしたコメントを残している。

 絶望、軍隊、地獄──。

 グーグルで「亜細亜 厳しい」と検索ワードを入れると、過激な文言がいくつも飛び込んでくる。

「みんな、『亜細亜は根性論だ』と言いますよね。そういうイメージがついている。知らないだけなんですよ。僕は新しいことをすべて取り入れていますから」

 生田勉監督がそう話すように、今春の東都大学リーグを制した強豪を支えるのは根性論だけではない。東京都西多摩郡にある日の出寮を訪れると、"新しい"部分が見えてきた。


昨年リニューアルされた亜細亜大野球部員が生活する日の出寮

野球部寮に新設された動作解析室

 象徴が、昨年リニューアルされたこの寮だ。日の出キャンパスは2020年から約50億円の予算をかけて3カ年計画の工事が進められており、野球部の拠点は1期目に完成した。全面ガラス張りのクラブハウスは、密室になりがちな部活動に"透明性"を持たせようという生田監督の発案だ。プロ球団にも劣らないほどモダンで、テレビ付きのサウナや日焼けマシン、「ラクリス」という1台250万円するという筋膜トリートメントの機械が2台ある。すぐそばのトレーナールームには初動負荷トレーニングの専用マシンが4台設置された。

 体を整えるばかりではない。生田監督が誇らしげに語る。

「寮の2、3階にもみんなが自由にくつろげるスペースがあり、スイッチをひとつ押せば次の対戦相手の映像を見られます。マネージャーが有能で全部やってくれるんですよ」

 日の出寮がリニューアルされた際、新設されたのが動作解析室だ。自動弾道測定器の「ラプソード」やヒジのストレスを測る「パルススロー」などで採取したデータをマネージャーたちが分析する。陣頭指揮を任されるのが現在2年生で、常総学院高校時代に生田監督がひと目惚れした大出彩斗だ。

「高校のコーチに『分析系もやってみたら面白いんじゃないか』と話をされたのが、動作解析に興味を持ったきっかけです。常総に『テクニカルピッチ』がきた時に始めて、どんどんのめり込んでいきました」

続きを見る

関連記事(外部サイト)