近江・山田陽翔からタイムリーも2三振。「鳴門のラオウ」前田一輝をオリックススカウトはどう評価したのか?

 近江・山田陽翔と鳴門・冨田遼弥、今夏の甲子園を代表する好投手の投げ合いに、高校野球ファンもメディアもスカウトもみんな釘づけになっていた。

 そんななか、個人的にどうしても気になる選手がいた。鳴門の4番・センターに座る前田一輝である。


初戦で近江に敗れたが、好投手・山田陽翔からタイムリー三塁打を放った鳴門の前田一輝

好投手・山田陽翔から三塁打

 身長190センチ、体重92キロの巨体。高校通算10本塁打と驚くような数字はないものの、ツボにきた時の雄大な打球には夢がある。さらに遠投110メートルの強肩を誇り、今春のセンバツでは対戦相手である大阪桐蔭・海老根優大に匹敵するスローイングを披露している。

 現時点での実力はまだまだでも、素材としての魅力は今年の高校3年生でトップクラスなのではないか。そう感じてきたが、好左腕・冨田の陰に隠れがちのためか前田の情報はあまりあがってこなかった。

 一部メディアで「鳴門のラオウ」の異名が躍っていたが、浸透度はいまひとつ。本家の杉本裕太郎(オリックス)もまた身長190センチの大型スラッガーで、徳島県出身という共通点もある。

 何人かのスカウトに聞いてみると、前田の存在自体を認識していないスカウトもいれば、「ドラフト候補と見ていますよ」と語るスカウトもいた。

 ただし、直前の徳島大会では4試合で打率.188、0本塁打、1打点とアピールできなかった。そんな前田に、甲子園でいきなり大きな見せ場がやってくる。

 試合開始直後の1回表、二死一塁の場面で前田に打順が回ってきた。ファーストストライクのストレートに、豪快なフルスイングでファウルを打つ。この時、前田は内心「初球から真っすぐを振っていけたので次につながる」と考えていたという。

 カウント1ボール2ストライクと追い込まれたものの、3球連続ファウルで粘って迎えた5球目。山田の148キロのストレートをとらえた前田の打球は、ライトをはるかに越える三塁打になった。

 だが、前田がこの日放ったヒットはこの1本だけだった。山田の130キロ台で変化するカットボールに手を焼き、2三振を喫する。4打席目はインコースのストレートをとらえきれず、センターフライに倒れた。

続きを見る

関連記事(外部サイト)