亀山努のトレードマークとなった「ヘッドスライディング」は真弓明信への一途な思いからだった

1992年の猛虎伝〜阪神タイガース"史上最驚"の2位
証言者:亀山努(前編)

 1985年、ランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布のクリーンナップを筆頭に"猛虎打線"が爆発し、阪神タイガースは球団史上初の日本一を達成した。圧倒的な攻撃力で頂点へと上り詰めた戦いに、しばらく天下が続くかと思われた。しかし、その2年後から阪神は"暗黒時代"へと突入することになる。2003年に優勝するまでの16年間でAクラス1回、最下位10回......。その唯一のAクラスが1992年の2位である。突然の快進撃はいかにして起きたのか? 当時の選手たちの証言をもとに「奇跡の1年」を振り返りたい。


ガッツ溢れるプレーで92年の阪神快進撃のシンボルとなった亀山努

開幕からの5試合で一変

 1992年のペナントレース開幕を2日後に控えた4月2日夜。神宮球場から程近い焼肉店で、阪神ナインによる"決起集会"が行なわれた。開幕カードのヤクルト2連戦、つづく巨人3連戦の東京遠征5試合に関して、中村勝広監督は「最低でも2勝して大阪へ帰ろう」と選手に言い聞かせていた。だが、新選手会長の和田豊は、監督の言葉に疑問を感じ、異を唱えた。

 2年連続の最下位から脱出するためには開幕ダッシュが不可欠──。そう考えていた和田は、ナインを前に声を張り上げた。

「2勝? いや、3勝して帰ろう。勝ち越して大阪に帰ろう!」

 もっとも、その声は焼肉店に集結した選手全員に届いたわけではなかった。鹿児島・鹿屋中央高から87年オフにドラフト外で入団。当時、プロ5年目の若手外野手だった亀山努(現在は亀山つとむ)が、30年前の状況を振り返る。

「神宮の近くで決起集会、しましたね。でも、そのへんの話は主力が中心でやる話であって、僕らレベルは全然、話の輪に入らないで、ひたすらいい肉を狙ってるだけでした(笑)。和田さん、そんなふうに言ってたのかなと。同じチームのメンバーではあるけど、この遠征で勝ち越すために何とかしなきゃいけない、っていう中心人物ではなかったですから」

 前年まで2年連続でウエスタン・リーグ首位打者に輝き、90年は盗塁王も獲得。俊足の巧打者タイプだった亀山だが、一軍昇格後は結果を残せず、定着できずにいた。あくまでも外野の守備固め、代走で途中から出る選手だった。92年もキャンプ、オープン戦で特別目立つこともなく、開幕一軍はつかんだものの、いつ二軍に落ちてもおかしくない立場。それが開幕5試合のなかで一変する。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?