天国と地獄を味わった湯舟敏郎の92年「優勝も全部、僕がぶち壊してしまった」

1992年の猛虎伝〜阪神タイガース"史上最驚"の2位
証言者:湯舟敏郎(後編)

前編はこちら>>

 1992年6月14日、甲子園での広島戦。阪神先発の湯舟敏郎は初回から安定していた。5月に3連続KOと不調も、ベテラン捕手の木戸克彦に「完全なボールでもバッターが振ったらストライク」と助言を受け、立ち直るきっかけをつかんでいた。その日の投球について湯舟に聞く。


92年6月14日の広島戦でノーヒット・ノーランを達成した湯舟敏郎(写真右)と捕手の木戸克彦

偉業達成よりも勝てたことに安堵

「広島打線がワンバンのフォークをめちゃくちゃ振ってくれて。木戸さんに言われていたことが、いいように結果として表れました。それまで、先発したら3試合連続で4回持たずにKOでしたから、まず4回を超えられたところがうれしかったですね」
 
 じつに、5回までに奪った8個の三振はすべて空振り。外野フライ3つ、内野ゴロ2つで四球1つと、無安打に抑えていた。一方、味方打線は4回に2点、5回に3点をとって効果的に援護。続く6回は空振り三振、中飛、右飛で、7回も空振り三振、二ゴロ、二飛で終わると、誰も湯舟に声をかけなくなっていた。だが、捕手の木戸だけは違った。

「何を言うかと思ったら、『オレはノーヒット・ノーランをしたことない。優勝して日本一になってるのにしたことない。だから絶対に打たれるな』と......。『なんでプレッシャーかけんの?』って(笑)。でも、後々考えたら、みんなが緊張してるのが僕に伝わっていたなか、『周りの空気なんて気にせんと投げろよ』とラクにしてくれたんだとわかって、あらためてありがたいと思いました」

 8回は2アウト後に四球を出したが、後続は空振り三振で11個目。その裏に新庄剛志がダメ押しのソロ本塁打を放ち、6対0として9回を迎えた。湯舟の脳裏をよぎったのは、つい2週前の広島戦。中込伸があと1イニングでノーヒット・ノーランを逃した試合だった。中込ができないのに、オレは絶対無理と思っていたから緊張はなかった。

「だから自分としては、完封できたら最高やな。完封できなくても完投できたらいいよね、と。それで、2アウトになった時に、これやったら狙ってもいいなと」

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?