大谷翔平の「憧れるのをやめましょう」はアマ球界にも浸透 ドラフト候補たちが口にする「大谷的思考」

アマ球界に"大谷的思考"浸透

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 大谷翔平の「憧れるのをやめましょう」はWBC決勝前の演説で野球ファンを熱くしました。
  • 青学大の西川選手は同期の活躍に「憧れる」のではなく「超える」気持ちで練習に取り組みました。
  • 西川選手は3年春からレギュラーとなり、来年のドラフトでは佐々木選手とともに上位指名候補になりそうです。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

大谷翔平の「憧れるのをやめましょう」はアマ球界にも浸透 ドラフト候補たちが口にする「大谷的思考」

「憧れるのをやめましょう」

 2023年3月22日、WBC決勝のアメリカ戦の試合前、侍ジャパン大谷翔平がチームメイトに語りかけた言葉は多くの人間の胸を熱くした。圧倒的な実績を残すメジャーリーガーが相手であっても、畏れを捨てて戦う。大谷のマインドがチーム全体に乗り移った侍ジャパンはアメリカに3対2で勝利し、世界一の勲章を手にしている。

 大谷が発した「憧れるのをやめましょう」は新語・流行語大賞の候補にもノミネート。激闘から8カ月が経過した今も、色あせることなく人々の記憶に刻まれている。

 そして、大谷の言葉は野球ファンのみならず、次世代を担うアマチュア選手にも影響を与えている。今秋の明治神宮大会を取材していて、そのことを痛切に感じた。

今年3月のWBCで世界一を達成し、雄叫びを上げる大谷翔平 photo by Sankei Visual
今年3月のWBCで世界一を達成し、雄叫びを上げる大谷翔平 photo by Sankei Visual

【憧れを持ってしまったら超えられない】

 青山学院大の4番打者・西川史礁(3年/龍谷大平安)を取材していた時のこと。同期の佐々木泰(3年/県岐阜商)が大学入学直後からリーグ戦で本塁打を量産していたシーンをどんな思いで見ていたのかと聞くと、西川はこう答えた。

「自分はその時にボールボーイをしていたので、ベンチにも入れないふがいなさを感じながら、同級生の活躍に刺激を受けていました。でも、それに憧れるのではなく、超えるくらいの強い気持ちで練習に取り組んでいました。ライバルだと思っていたので、(佐々木の活躍は)悔しかったですね」

 佐々木から遅れること2年。西川は3年春からレギュラーを奪取し、リーグ戦で3本塁打を放ってMVPを受賞。大学日本代表に佐々木とともに選ばれ、4番打者を任されるまでに出世した。右の大砲は希少価値が高いだけに、来年のドラフト会議では佐々木とともに上位指名候補に挙がるはずだ。

 もし西川がハイレベルな同期生に「憧れ」を抱いていたら、今の大活躍はなかったかもしれない。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?