甲子園ではスタンドから応援。「元補欠」育成5位が巨人一軍を目指す

【強豪校で「その他大勢」の選手に】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、練習試合として行なわれた3月24日の中日ドラゴンズ戦。読売ジャイアンツの一番・センターとしてスタメン出場した選手のことをどれくらいの野球ファンが知っているだろうか。

 松原聖弥、25歳、背番号59。

 仙台育英(宮城)出身だが、甲子園でプレーした経験はない。2016年ドラフト会議で育成5位指名を受けて入団。身長173cm、体重72kgという体格はチームの中では目立たない。しかし、スター揃いのジャイアンツの中で、躍進が期待される若手のひとりだ。


巨人の一軍で活躍が期待される、育成入団の松原

 仙台育英では、福岡ソフトバンクホークスの上林誠知(うえばやし・せいじ)、阪神タイガースの馬場皐輔(ばば・こうすけ)、熊谷敬宥(くまがい・たかひろ)の1年先輩だった。チームは3年夏の甲子園に出場して2勝を挙げたが、松原はベンチ入りメンバーから漏れ、アルプススタンドから仲間を応援することしかできなかった。

 松原は高校時代のことを、書籍『レギュラーになれないきみへ』(岩波ジュニア新書)の中でこう語っている。

「甲子園に出るために、仙台育英に入りました。中学時代は硬式の強豪と言われるチームにいて、猛練習が当たり前という感じで。でも、仙台育英は選手の自主性重視なので、サボろうと思えばいくらでもサボることができる。僕の場合、楽なほうへ楽なほうへと行く性格だったので……まわりの選手との差がどんどんついてしまったような気がします」

続きを見る

関連記事(外部サイト)