ベイ史上最高の投手になったクルーン。活躍の裏にあった大魔神との絆

日本プロ野球「我が心の最良助っ人」
第5回 マーク・クルーン(横浜、巨人)

 1950年に創設された大洋ホエールズ時代を含め、ベイスターズで最初に大成功を収めた外国人ピッチャーといえば、2005年から2007年にかけて所属したマーク・クルーンではないだろうか。


来日1年目に当時日本最速となる161キロを記録したクルーン

 ことバッターに関していえば、山下大輔や田代富雄に多大な影響を与えたクリート・ボイヤーを筆頭に、ジョン・シピン、フェリックス・ミヤーン、レオン・リー、カルロス・ポンセ、ジム・パチョレック、R.J.レイノルズ、グレン・ブラッグス、そして1998年の日本一の立役者になったロバート・ローズなど、チームの顔となった外国人選手は枚挙にいとまがない。

 ところが外国人ピッチャーは、クルーンが現れるまでほとんど活躍することはなかった。強いて挙げれば、2003年に8勝したドミンゴ、2004年から2年連続して7勝をマークしたセドリックぐらいだろうか。

 だがクルーンは、長い四肢から繰り出される快速球を武器にベイスターズに欠くことのできない存在となった。

 来日1年目の2005年4月30日の中日戦で、当時日本記録タイとなる158キロをマークすると、5月11日の楽天戦では日本記録となる159キロ。さらに7月19日の阪神戦で161キロを叩き出し、甲子園に訪れていた観衆の度肝を抜いた。

続きを見る

関連記事(外部サイト)