1強・山梨学院に強打者がずらり。東海大甲府・渡部の飛距離は要注目だ

スポルティーバ厳選!
高校野球 47都道府県の注目選手
山梨編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県では独自の代替大会が行なわれる。山梨も7月23日に「2020年夏季山梨県高等学校野球大会」が開幕する。白熱の試合が期待される中、注目選手を紹介したい。

残酷でも切ない現実。山梨学院監督が下した決断の記事はこちら>>


長打力が魅力の東海大甲府の主砲・渡部海夢

 夏の甲子園は昨年まで4年連続出場を果たし、この春のセンバツにも出場予定だった山梨学院。もはや “1強”になりつつあるが、今年も戦力的には頭ひとつ抜けているイメージがある。

 県内では、ただ勝ち上がるだけじゃなく、1番から9番まで精度の高い好打者を並べ、圧倒的な攻撃力で相手チームを粉砕し、戦意を喪失させてきた。今年もその伝統は変わらない。

 俊足巧打の渡辺嵩馬(しゅうま)、中学時代から侍ジャパンのメンバーとして活躍した功刀史也(くぬぎ・ふみや)、強肩強打の遊撃手・小吹悠人、1年夏から正捕手としてマスクを被る栗田勇雅(ゆうが)、189センチの右の大砲・河野修慈(しゅうじ)など、経験豊富な強打者、好打者が居並ぶ。

 マウンドを守るのは、昨年秋にメキメキと頭角を現した181センチ、82キロの左腕・吉川大。いかにも140キロ台のストレートでグイグイ押すピッチングをしそうなイメージだが、実際はスライダー、チェンジアップを有効に使って打者を翻弄する”軟投派”。あと5キロ、ストレートの球速がアップすればさらに手の焼ける投手になるだろう。

 山梨学院に続くのが東海大甲府。4番を打つ渡部海夢は県下随一のスラッガーと評してもいい左打者で、昨年秋の県大会では1試合2本塁打を記録。180センチの体から全身のバネを利用して、右手一本でライト場外にまで運ぶ技術は、高校生の域をはるかに超えている。内面的な強さも備えており、上のレベルでも十分にやっていけるだろう。

 強打のリードオフマン・橋本匠、長打力が魅力の遊撃手・伊達大我も経験豊富で、山梨学院に負けず劣らず役者は揃っている。

続きを見る

関連記事(外部サイト)