日大藤沢の牧原が筆頭。神奈川は「本当に高校生か?」と思う逸材多数

スポルティーバ厳選! 
高校野球 47都道府県の注目選手
神奈川編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開催している。神奈川では、8月1日に「令和2年度 神奈川県高等学校野球大会」が開幕。白熱の激戦が期待されるなか、注目の選手たちを紹介したい。

静岡の「中村奨成より強肩の捕手」とは何者だはこちら>>


強肩強打の捕手としてプロから高い評価を受けている日大藤沢・牧原巧汰

 昨年夏の神奈川大会決勝で東海大相模に1−24と、完膚なきまでに打ちのめされた日大藤沢。誰よりも悔しい思いをしたのが、昨年からマスクを被るプロ注目の牧原巧汰だ。

 昨年は強打のリードオフマンとして県大会で3本のホームランを放ち、横浜スタジアムでも2戦連発。しかも、いずれも逆方向であるレフトに運ぶなど、パワーだけでなく技術の高さも証明してみせた。

 ディフェンスでも、二塁送球1.8秒台を叩き出すなどプロ顔負けの強肩を誇り、なにより捕球→送球時のボールを握り替える技術は一級品。昨年の悔しさを晴らすためにも、攻守で躍動した姿を見せてほしいものだ。

 牧原とともに打線を引っ張る姫木陸斗も左の強打者。思いきりのいいスイングと俊足は、大阪桐蔭からロッテに進んだ藤原恭大を彷彿とさせる。

 今年4月にOBの村田浩明氏を新監督に迎えた横浜は、プロ注目の逸材が並ぶ。184センチの右腕・木下幹也は失点を計算できる安定感あるピッチングが光る。

 この木下と二枚看板を形成する187センチの本格派左腕・松本隆之介は、最速152キロをマークするなど、全国トップクラスの素質を持つ。

 野手では、元ヤクルトでプレーした度会博文氏を父に持つ度会隆輝がピカイチ。1年春からベンチ入りを果たすなど、バッティングセンスは入学時から一目置かれていた。最終学年となりパワーも身につけ、ますます期待がかかる。

 度会とともに昨年から中軸に座る冨田進悟は、勝負強いバッティングが魅力。左右に打ち分ける技術もあり、ポイントゲッターとして打線を牽引する。

 守備なら遊撃手の津田啓史。シートノックでの動きは別格で、「本当に高校生か?」と思うほど、うまさとスピードを兼ね備えている。

続きを見る

関連記事(外部サイト)