石川柊太の魔球「パワーカーブ」が結ぶ、伊藤智仁、ダルビッシュとの縁

島袋洋奨がホークス戦力外を経て母校へ>>

 かつて「負けないエース」と謳われたソフトバンクの先輩にあたる斉藤和巳氏(通算勝率.775)には及ばないものの、石川柊太(しゅうた)の通算成績は今年7月28日時点で24勝9敗、通算にして.727となる。昨季はほとんど投げていないとはいえ、2018年8月7日から3年越しで8連勝中だ。

 その石川が投げる特徴的なボールが”パワーカーブ”だ。


今シーズン、ここまで3勝0敗と好調を続けているソフトバンク石川柊太

 常時140キロ台後半をマークする直球に対して、その球種は120キロ台。カーブといえば「ドローン」と弧を描くが、石川の投げるボールは「グイッ」と力強く曲がる印象だ。かといって、スライダーのような鋭さではない。

 一体、どんな投げ方をしているのか。

「握りは、ヤクルトで活躍されていた伊藤智仁(現・楽天一軍投手コーチ)さんのスライダーと同じです。ツーシームのように縫い目の細くなる部分に人差し指と中指を持っていくんですが、縫い目にかけるのではなくて左側にずらす。だから指の右部分が縫い目にかかっている感じですね。で、ひねるです」

 一般的にカーブは抜く感覚で投げる球種だといわれる。石川もそのように投げないわけではないが、「使い分ける」のだという。

「抜くイメージもあったり、縦に切るようなイメージや叩くようしてに投げることもあります。カウント球や決め球など、場面や相手打者にとって変えています」

 それにしても、あのパワーカーブの源流をたどって伊藤のスライダーに行きつくとは驚きだ。そもそもの出会いは大学時代まで遡る。

 伝授してくれたのは、創価大で石川のことをとくに買ってくれていた佐藤康弘コーチだった。入学前はまったくの無名で、セレクションで不合格になりかけたところを「ひょろっとした体型で、この球は逆にすごい」と監督に猛プッシュしたのが同コーチだった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)