プロ注目・中央大の牧秀悟。「4番は黙ってランナーを還す」の心意気

ドラフト候補の創価大・萩原哲は2つの顔を持つ>>

 あまりに強烈なフレーズが出現すると、人々はその言葉にとらわれ、本質を見誤ってしまうことがあるのではないだろうか。

 中央大のドラフト上位候補・五十幡亮汰(いそばた・りょうた)の枕詞になっている「サニブラウンに勝った男」もそのひとつだろう。

 当事者からすれば、迷惑なフレーズに違いない。たしかに五十幡は男子100m走日本記録保持者のサニブラウン・アブデル・ハキームに勝ったことがある。だが、それは中学時代の話である。

 今すぐプロ球界に入れても、五十幡がトップクラスの快足なのは間違いない。だが、成長中の盗塁技術やシャープに振れる打撃、アマ屈指の強肩も「サニブラウンに勝った男」のパワーワードの前にかすんでしまう。

 野球選手として着実に進化しているというのに今でも中学時代の杵柄(きねづか)を持ち出され、本人は「いつまで言ってるんだよ?」と違和感を覚えているのではないだろうか。

 そしてキャッチーな異名を持つ五十幡に対して、もっと注目を浴びていいのではないかと思える選手が中央大にいる。それが、五十幡とともにドラフト上位候補に挙がる牧秀悟である。


昨年秋のリーグ戦でMVPを獲得した中央大・牧秀悟

「注目してもらえるならしてほしいですけど、五十幡は本当にサニブラウンに勝った足もあって、スペシャリストという意味でも取り上げられているのかなと思います。(メディアに対して)もっとこっちこいよ、と思うことはありません。五十幡が塁に出て、4番の牧が還す......という意味では見てほしいですね」

 プレーヤーとしてタイプが違うこともあって、五十幡ばかりが脚光を浴びることへの対抗心は牧にはない。

 身長178センチ、体重94キロの存在感のある体とは裏腹に、牧は自分のことを控えめに話す。昨冬は大学日本代表候補合宿のキャプテンに任命されたというのに、「取材を受けるのが苦手」と後ろ向きな感情があったと明かす。

続きを見る

関連記事(外部サイト)