内海哲也「変わったとしたら気持ち」。西武2年目で感じる崖っぷちの緊張

◆西武・川越誠司は異色の球歴>>

 カナカナ、カナカナと蜩(ひぐらし)が鳴いていた。

 なかなか明けない梅雨の真っ只中、狭山丘陵に雨がそぼ降る。メットライフドームのすぐ隣にある、改修工事を終えたばかりの西武第二球場は、今年からカーミニークフィールドと呼ばれていた。

 2020年7月28日、その新装なった球場で行なわれたイースタン・リーグ、ファイターズとの一戦で、ライオンズの内海哲也は先発のマウンドへ上がった。開幕一軍はならず、イースタンでは今年、すでに5試合目の先発である。


2年ぶりの一軍登板を目指して調整を続ける西武・内海哲也

 大きく振りかぶって、テンポよく内外角を丁寧に突いていく。立ち上がりから、内海ならではのピッチングを久しぶりに見た。

 ストレートは右バッターのインコースにフォーシームを、左バッターのインコースへはツーシームを投げる。スライダーのキレ、チェンジアップの抜けもよく、バッターは差し込まれたり泳がされたりと、思うようにタイミングが取れない。

 しかし時折、ボールが高く浮いて、その球を痛打されてしまう。この日の内海は6回途中までに1本のホームランを含む8本のヒットを打たれて、5点を失った。

 その一方で、5試合目にして初めての3ケタの球数となる107球を投げている。それでも内海の自己評価は決して高くはなかった。

「100球を投げられた、というだけです。後半はちょっとバテて、内容もただ投げているだけというか......バッターの両サイドに投げるストレートの精度が上がらないと、僕の変化球は生きてこないんです。その変化球はすごくいい感じで投げられているので、もうちょっとかな。投げている感覚としては前ほど悪くはなくて、むしろいい感じで投げられているところもあるので、あともうちょっと、というところです」

 その「もうちょっと」と内海が言うのは、技術的にどのあたりを指しているのだろう。

続きを見る

関連記事(外部サイト)