「アライバ」不仲説の答え合わせ。対談で明かしたふたりの奇妙な関係

球史に残るコンビ「アライバ」対談 前編

後編:攻守でのコンビプレー秘話>>

 中日の黄金期を支え、2004年から6年連続でゴールデングラブ賞をダブル受賞した荒木雅博(中日一軍内野守備・走塁コーチ)と井端弘和(侍ジャパン内野守備・走塁コーチ)。「アライバコンビ」と言われたふたりが、初めての共著『アライバの鉄則』(廣済堂出版)を刊行した。

同書に収録された「アライバ対談」に同席したライターが、一部で不仲説も囁かれていたコンビ間の濃密かつ奇妙な関係性をお伝えする。


中日の黄金期を支えた荒木雅博(左)と井端弘和(右)photo by Ishikawa Kohzo

 その空間には張り詰めた緊張感が漂っていた。

 神奈川県・横浜市のあるホテルの会議室に、テーブルを挟む形で椅子が並んでいた。テーブルを二塁ベースに見立てれば、2組の椅子はさながらセカンドとショートのポジションのようだった。

「遅くなりました〜」

 身長180cmの荒木雅博、続いてひと回り小柄な井端弘和が静かに入室した。偶然なのだろうが、「アラ・イバ」の順番だった。

 この日は、荒木と井端の初の共著『アライバの鉄則』に収録する対談の取材日だった。荒木は付き添いである中日ドラゴンズの広報と共に、井端が運転する車に乗って横浜まで来たという。

 10年以上にわたって中日の二遊間、1・2番打者としてコンビを組んだ両者だが、これまで「アライバコンビ」として書籍を出したことはない。現場が緊迫していたのは、その意義深い大仕事への責任感、そして現役時代から一部で囁かれていた、アライバコンビの「不仲説」によるものだろう。

現役時代の晩年はほとんど会話を交わすこともなくなっていたという。そんな2人が対談して、果たして成立するのか筆者にも一抹の不安があった。

 会議室に入り、カバー写真撮影のためジャージからスーツへと着替える両者は無言だった。ところが、井端の髪型を見て、荒木はポツリと尋ねた。

「その髪型でいくんですか?」

続きを見る

関連記事(外部サイト)