怖いもの知らずが招いた協約違反。根本陸夫の立場は危うくなっていった

根本陸夫外伝〜証言で綴る「球界の革命児」の知られざる真実
連載第15回
証言者・島田正博(3)

前回の記事はこちら>>

 時代が昭和から平成に移り変わった頃。当時あった西武第三球場で事件が起きかけていた。球団管理部長の根本陸夫が、いきなり「ここで高校生を見る」と言い出したのだ。準備するよう命じられた二軍マネージャーの島田正博は、当然ながら驚き慌てた。

 同じ敷地内にある本球場での一軍公式戦開催日。マスコミも数多く集まっているだけに、いつ規定違反が知れ渡ってもおかしくない。

 プロ・アマの関係がよくなりかけていた時期、そんな不祥事は絶対に起こしたくない。根本を「オヤジ」と呼んで慕った島田も理解に苦しみ、「やめてくれ」と泣いてすがった。いったい、背景には何があったのか──。島田に聞いた。


球団管理部長として西武の黄金期を築いた根本陸夫

「オヤジには『オレが新聞記者に言えば、書きはせん』と返されました。怖いもの知らずだから平気なんですよ。それでもう泣きながら、『今は時代が違うんです』と言わせてもらいました。そしたら聞いてくれて、その場は何事もなく済みました」

 ところが、どこからどう漏れ伝わったのか、後日、「西武は高校生を練習に参加させている」との噂が球界内に流れ、夕刊紙に報じられた。ドラフト外で獲ろうとする選手を、西武が密かに調べているという記事内容だった。にわかにパ・リーグが調査に乗り出した一方、日本高野連は疑惑を持たれた2つの高校を事情聴取した。

 結果、「練習参加の事実はない」とされたが、高野連会長は2校に対し、「アマ規定違反の疑惑を抱くような行動はとらぬように」と通達を出す。島田が証言するとおり、西武球団にも根本にもペナルティーは科されなかった。

 もっとも、程度の差はあったが、他球団も密かに同じようなことをしていたという。にもかかわらず、西武だけがマスコミにつつかれたのは何故か。まさにそれまでの新人獲得戦略によって、"球界の寝業師"と呼ばれた根本の存在が目立っていたからなのか。

「目立ったというより、オレが言えば記者は抑えられる、何でもオレが通す、という人だったからです。とにかく怖いもの知らずで、こっちはハラハラするだけ。現に協約違反もありましたが、たとえコミッショナーでも、オレが言えば何とかなると思っていたんじゃないですかね」

続きを見る

関連記事(外部サイト)